iPhone12をセット購入できる格安SIMはどこ?メリットとデメリットも解説

Appleから2020年10月13日に発売されたiPhone12。

iPhoneシリーズでは初めての5G対応、サイズも最小サイズのiPhone12 miniからシリーズ史上最大サイズとなるiPhone12 Pro Maxも発売されました。

この記事では格安SIM会社でのセット購入について紹介して行きたいと思います。

あわせてiPhone SE2とiPhone7,8の比較の記事もご覧ください。

目次

iPhone12をセット購入できる格安SIM

2023年10月現在、iPhone12は下記の格安SIMでセット購入できます。

  • ワイモバイル
  • UQモバイル

ワイモバイル

名称ワイモバイル
料金プラン(税込)新料金「シンプル2」2023年10月4日スタート
・シンプル2S 4GB :
2,365円
・シンプル2M 20GB :
4,015円
・シンプル2L 30GB :
5,115円
おうち割(※1)
・光回線加入で割引適用
適用時の料金
・シンプル2S 4GB:
1,265円
・シンプル2M 20GB:
2,365円
・シンプル2L 30GB:
3,465円
家族割引サービス(※1)
2回線目以降が割引
適用時の料金
2回線目以降
・シンプル2S 4GB:
1,265円
・シンプル2M 20GB:
2,365円
・シンプル2L 30GB:
3,465円
PayPayカード割
・PayPayカード支払いで
各料金から187円割引
余ったデータの翌月繰り越しあり
初期費用(事務手数料)0円(※3)
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ソフトバンク回線

(※1)おうち割と家族割引サービスの併用は不可。
(※1)SoftBank 光、SoftBank Airが対象です。
(※2)オンラインストアで手続きをする場合は事務手数料が0円。店舗での契約は3,850円(税込)かかります。

\1円スマホあり!6,000円相当還元/

契約期間の縛り無し!解約手数料もゼロ!

ワイモバイルでのiPhone 12の販売価格

64GB128GB256GB
支払い回数/分割支払金
36回払い
2,600円/月

24回払い
3,900円/月
36回払い
2,820円/月

24回払い
4,230円/月
36回払い
3,260円/月

24回払い
4,890円/月
現金販売価格/割賦販売価格
93,600円101,520円117,360円

\1円スマホあり!6,000円相当還元/

契約期間の縛り無し!解約手数料もゼロ!

UQモバイル

名称UQモバイル
料金プラン(税込)・ミニミニプラン 4GB:
2,365円 (割引適用で1,078円)

・トクトクプラン
1~15GB:
3,465円 (割引適用で990円~2,178円)

・コミコミプラン 20GB:
3,278円
余ったデータの翌月くりこしあり
初期費用(事務手数料)3,850円(税込)
SIMカード発行手数料0円
解約違約金0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線au回線
新料金プランは2023年6月1日から開始

\最大10,000円相当還元/

縛り期間、解約手数料なし、違約金もなし!

UQモバイルでのiPhone 12の販売価格

新規契約でコミコミプラン/トクトクプラン(増量オプションⅡ加入あり)の場合

64GB128GB256GB
支払い回数/分割支払金
36回払い
2,675円/月~

24回払い
3,973円/月~
36回払い
2,835円/月~

24回払い
4,262円/月~
現金販売価格/割賦販売価格
95,355円101,920円

\最大10,000円相当還元/

縛り期間、解約手数料なし、違約金もなし!

iPhone12のスペック

iPhone 12

記事から、iPhone 12 シリーズの主なスペックを以下のようにまとめました。

モデルiPhone 12 MiniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
ディスプレイ5.4インチ Super Retina XDRディスプレイ6.1インチ Super Retina XDRディスプレイ6.1インチ Super Retina XDRディスプレイ6.7インチ Super Retina XDRディスプレイ
解像度2340×1080ピクセル2532×1170ピクセル2532×1170ピクセル2778×1284ピクセル
チップA14 BionicA14 BionicA14 BionicA14 Bionic
バッテリー約15時間のビデオ再生約17時間のビデオ再生約17時間のビデオ再生約20時間のビデオ再生
カメラデュアル12MPカメラシステム: 超広角と広角デュアル12MPカメラシステム: 超広角と広角プロ12MPカメラシステム: 超広角、広角、望遠プロ12MPカメラシステム: 超広角、広角、望遠
光学ズーム範囲2倍までの光学ズームアウト2倍までの光学ズームアウト4倍までの光学ズーム範囲5倍までの光学ズーム範囲
ナイトモードありありありあり
Dolby Vision HDR録画最大30fps最大30fps最大60fps最大60fps
容量64GB, 128GB, 256GB64GB, 128GB, 256GB128GB, 256GB, 512GB128GB, 256GB, 512GB

iPhone 12 シリーズの特徴

iPhone12シリーズの特徴を紹介します。

デザイン

iPhone 12 シリーズは、平面的なエッジとガラス製の背面を持つ新しいデザインを採用しています。これは、iPhone 4や5のデザインを彷彿とさせます。

ディスプレイ

全てのモデルにSuper Retina XDRディスプレイが搭載されており、鮮やかな色彩と高い解像度を提供します。

また、Ceramic Shieldという新しい前面カバーが採用され、これまでのiPhoneよりも落下時の耐久性が向上しています。

パフォーマンス

A14 Bionicチップを搭載しており、これまでのiPhoneよりも高速で効率的なパフォーマンスを実現しています。

このチップは、5nmプロセスを採用した世界初のスマートフォン用チップで、16コアのNeural Engineを含むことで、機械学習タスクの速度を大幅に向上させています。

カメラ

デュアルカメラシステムを搭載し、Night modeやDeep Fusion、Smart HDR 3などの機能を全てのカメラで使用できます。

Proモデルでは、さらにプロレベルの写真撮影とビデオ撮影が可能で、Dolby Vision HDR録画もサポートしています。

5G対応

iPhone 12 シリーズは全てのモデルで5Gに対応しています。

これにより、高速なダウンロードとアップロード、高品質なビデオストリーミング、よりリアルタイムなゲーム体験などが可能になります。

環境配慮

iPhone 12 シリーズは、レアアースフリーのマグネット、リサイクルされたレアアース素材を使用したTaptic Engine、リサイクルされたチンを使用したはんだなど、環境に配慮した製品設計がなされています。

以上の特徴から、iPhone 12 シリーズはパフォーマンス、カメラ機能、デザイン、5G対応など、多方面で進化したiPhoneと言えます。

格安スマホでiPhone12を使うメリット、デメリット

格安スマホでiPhone12を使用する上でのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

iPhoneを格安SIM会社で利用する最大のメリットは月々の支払いが一番安く抑えられるという点です。

最新のiPhoneシリーズは約10万前後のため、端末代金以外での出費は抑えたいところですね。その点端末を購入してしまえば長い目で見て一番お得な方法と言えるでしょう。

デメリット

格安スマホでiPhone12を格安SIM会社で利用する最大のデメリットはズバリ、通信が遅くなる可能性がある、という点です。

現段階では4Gしか使えないので、せっかくのiPhone12の本来のポテンシャルをフルに使うことができないのは大変もったいないですね。

その他、Apple Watchユーザーの場合、iPhone12と連携が取れなくなり、セルラーモデルを買っている人はGPSモデルと同様の使い方しかできなくなる、というデメリットがあります。

まとめ

最新のiPhone12、端末代金は高いですが、キャリアの限定的な期間しか使用できないサポートを受けるより、SIMフリーを購入して格安SIMを入れたほうが月々の出費は抑えられるという点は大変魅力的ですね。

しかしせっかくの5Gが使えないのは、iPhone12のポテンシャルをフルに発揮できずもったいない点でもあります。

今後は格安スマホから5Gも対応したiPhone12が発売されるのを楽しみに期待したいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次