音楽用スマホならaptX adaptive対応がおすすめ!iPhoneで聴く方法も紹介

スマホ2台目

音楽用スマホならaptX adaptive対応がおすすめ!iPhoneで聴く方法も紹介

最近は、定額制で音楽聴き放題のストリーミングサービスが急増し、スマホから音楽を楽しむ機会が増えました。

より快適に音楽を楽しむには、Bluetoothに対応したイヤホンがおすすめです。

Bluetoothと一口で言ってもでは、高音質・低遅延を実現するために、様々なコーデック(音声を無線で伝送する際の方式)があります。SBCが最も一般的ですが、優れた音質を聴ける「aptX Adaptive(アプトエックス アダプティブ)」と「LDAC(エルダック)」も人気があります。

この記事では、高音質の音楽を聴くためのポイントを紹介します。

また、iPhoneではaptX Adaptiveが基本的には非対応ですが、別売りのアダプタをつけることで聴けるため、その内容を紹介します。

ハイレゾを実際に聴いてみた感想は?

つまりハイレゾの音楽は細かな部分の音も再現するということになります。

ハイレゾで音楽を聴くとどう感じるのでしょうか?一般的な評判を調査してみたところ、以下のような声がありました。

  • まるでコンサート会場で音楽を聴いているような印象を受けた。
  • 音楽のより奥深さが味わえるようになった。
  • 音がカラフルで立体的。もっと音楽を聴いていたい気持ちになる。

最高の音楽を聴くための3つのポイント

高音質の音楽を聴くには、以下を用意します。

  1. ハイレゾ対応の音楽配信サービス
  2. スマホ端末
  3. イヤホン

次の章で順番に解説します。

1 ハイレゾ対応の音楽配信サービス

現在はハイレゾ対応の音楽サービスがいくつかあります。

  • Amazon music HD…ハイレゾ対応曲:700万曲、料金:月額980円
  • Apple Music…ハイレゾ対応曲:100万曲、料金:月額980円

まず、配信する音楽が高音質でなければなりません。そのためにハイレゾ対応の音楽が必要になります。

音にこだわるなら高音質なハイレゾ。その特長とは?

出典元:一般社団法人日本オーディオ協会

音質にこだわったスマホを選ぶなら、ハイレゾ(ハイレゾリューション)対応のスマホがおすすめです。

ハイレゾとは「高解像度」という意味で、音の情報量がCDに比べて約3〜6.5倍あるため、限りなく原音に近い音を感じられます。

音の情報量

具体的にいうと、音の情報量は「サンプリング周波数(kHz)」と「量子化ビット数(bit)」で表されます。

サンプリング周波数(kHz)大きいほどより高い音域まで再現ができる
量子化ビット数大きいほど細かい音まで再現できる

CD音源の情報量はサンプリング周波数(kHz)が44.1 kHz 量子化ビット数が16bitであり、ハイレゾ音源の情報量は「96kHz/24bit」もしくは「192kHz/24bit」が主流です。

「192kHz/24bit」の場合は、CDに比べて約6.5倍広い音域で細かい音の再現ができ、より原音に近い臨場感や高いクオリティーで音楽を楽しむことができるでしょう。

サンプリング周波数(kHz)量子化ビット数(bit)
CD44.1 kHz16bit
ハイレゾ96kHz
192kHz
24bit
24bit

画質で例えると、データ量が多いほうは細かな部分もはっきりと表現できます。一方で、データ量が少ないと、荒い表現になります。

高画質
データ量が多いと細かいところまで再現可能
低画質
データ量が少ないと表現が荒くなる

2 スマホ端末

ハイレゾ対応の音源を準備した後は、次にスマホがそれに対応しているかどうかを確認します。

Bluetoothのコーデックとは?

コーデックとは、Bluetooth接続で音声をワイヤレスに転送する際に使用される特殊な変換方式です。スマホ端末からイヤホンへ音声の情報を途中で失うことなく送信します。そして、音声をより小さなデジタルファイルに圧縮することで機能します。

言い換えれば、長いメッセージを受け取り、それを縮小して、ワイヤレス接続で送信するのです。オーディオが目的地に到着すると、コーデックはオーディオを元の形に展開します。この方式により、情報を失うことなく、Bluetoothで音声をワイヤレスで送信することができるのです。

適切な形式のコーデックが使用されていないと、優れた音質を聴けません。

各コーデックの比較

SBCは、ワイヤレスイヤホンを含むほとんどのBluetooth製品に対応しています。

AACは、SBCより高音質・低遅延を実現しているのが特徴。主にiPhoneやiPadなどのApple製品で採用されています。

その後は、aptX、aptX HD、aptX Adaptiveの順番に高音質になってきます。

音質コーデック名
標準SBC
AAC
高音質aptX
aptX HD
最高音質aptX Adaptive
LDAC

低遅延のメリットとは?

低遅延の最も大きなメリットは、接続された機器間の待ち時間を短縮できることです。

低遅延になることで、応答速度が大幅に改善されるため、ゲームやオーディオ、動画ストリーミングなどのリアルタイムアプリにその違いが現れます。

例えば、ゲームなら、ボタンを押したら、すぐに相手側に信号が送信されるため、スムーズにゲームができます。一方で大きな遅延が起きると、ゲームではボタンの操作が伝送される時間や画面に表示されるまでの時間が長くなるため、不利になります。

音楽だけなら、それほど気にならないかもしれないが、映像と音が組み合わさった動画は低遅延の方がスムーズに楽しめます。

また、低遅延は電力の節約にもつながり、より安全な通信が確保できます。

高音質を実現できるaptX Adaptive

音声データの圧縮方式であるコーデックが「aptX Adaptive」や「LDAC」に対応スマホをおすすめします。

ロゴ
名称
(よみかた)
aptX Adaptive
(アプトエックス アダプティブ)
開発元Qualcomm クアルコム(アメリカ)

aptX Adaptiveを開発したクアルコムとは?

クアルコムは、電気通信機器およびサービスの設計・製造を行うアメリカ(本社はカリフォルニア州サンディエゴ)の大手半導体メーカーで、スマートフォン向けのチップであるSnapdragon(スナップドラゴン)の開発元として知られています。クアルコムはファブレス企業であり、自社で製造設備、工場を持たず、サムスンやTSMCなどに製品製造を委託しています。

社名は、「Quality(品質)」と「Communications(通信)」の組み合わせに由来。

1985年に設立されたクアルコムは、モバイルだけでなく、自動車、IoT、PC市場向けの商品を開発、販売しています。過去には、携帯電話端末と通信機器の両方を生産していましたが、その後、携帯電話端末事業は京セラに、通信機器事業はエリクソンに売却しています。

ライバル企業としては、インテル、NVIDIA(エヌビディア)が挙げられます。

あわせてチェックしたいLDAC

ロゴ
名称
(よみかた)
LDAC
(エルダック)
開発元Sony ソニー

「aptX Adaptive」や「LDAC」は、音楽データ圧縮・伝送時のデータ欠損を最小限に抑える技術で、対応しているスマホを選べば、高音質で音楽を聴くことができるでしょう。

高性能スペックのモデルを選ぶ

高音質の音楽を楽しむなら、スマホ自体も高性能である必要があります。

一般的にスマホで音楽を聴く場合、メールやWEB検索、SNSなど他のことも同時に利用することが想定されます。

スマホで複数のことを同時並行で実行すると、当然スマホに負荷がかかるので、音質が低下する原因になりかねません。

そうならないためにも、以下のスペックをおすすめします。

  • CPU…Snapdragon 600以上
    (基本的には数字が大きいほど高性能 現在Snapdragonが888や、8Genが最高基準)
  • RAM(メモリ)…4GB以上

CPUとは

CPU (Central Processing Unit)はコンピューターの頭脳であり、すべてのスマホに搭載されている重要な部品で、スマホが作業を完了できるように命令を実行する役割を担っています。

わかりやすく言うと、CPUはスマホのコントロールセンターといえるでしょう。スマホがおこなうべきすべての操作を司ります。

RAM(メモリ)とは

RAMとは、Random Access Memory(ランダムアクセスメモリー)の略です。さまざまな種類のデータを一時的に保存するために使用される、スマホの重要な要素です。

RAMは、情報へ迅速にアクセスすることで、スマホを効率的に動かします。いわば、作業スペースで、広いほど作業の効率が上がります。

RAMがないと、アプリを開くたびに必要なデータをメモリ全体から探さなければならないため、スマホの動作が大幅に遅くなります。

高音質を実現できるaptX AdaptiveやLDACの対応スマホ端末

aptX adaptiveに 対応しているスマートフォン

aptX Adaptive対応の機種は以下のとおりです。

メーカー機種
Sony・Xperia 1
・Xperia 1 II
・Xperia 1 III
・Xperia 1 IV
・Xperia 5
・Xperia 5 II
・Xperia 5 III
・Xpria Pro
SHARP・AQUOS zero2
・AQUOS R5G
・AQUOS R6
・AQUOS R7
LG・V60 ThinQ
ASUS・Zenfone6
・Zenfone7/Pro
・Zenfone8/Flip
motorola・moto g100

その中でもとくにおすすめのスマホ端末を紹介します。

SHARP:AQUOS R6(アクオス アールシックス)

品名AQUOS R6(アクオス アールシックス)
メーカーSHARP
価格110,000円(IIJmio)
重量207g
OSAndroid
CPUSnapdragon 888
RAM(メモリ)12GB
Bluetooth コーデックaptX Adaptive
aptX
aptX HD
LDAC
AAC
SBC

AQUOS R6はaptX Adaptive対応しており、本体の左下には3.5mm端子を配置。有線ヘッドホンでも使えます。ハイレゾ対応のBluetoothイヤホンを接続することで、高音質でコンテンツを楽しめるハイエンドモデルです。

AQUOS R6は、100年以上の歴史を持つカメラブランド、ライカと一体となって、最先端のスマートフォンカメラを作り上げています。

AQUOSは、ピーク輝度2000nits、コントラスト比2000万:1のディスプレイを搭載し、朝日や太陽の光を的確に表現し、精緻な映像体験を提供します。

通常の撮影で、高級デジタルカメラで背景にあるものを意図的にぼかすよう表現できます。

また、これまでで最大の5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、映画やドラマの鑑賞、ゲームのプレイを一日中快適に楽しむことができるほか、インテリジェントチャージ機能でバッテリー寿命も長くなっています。

AQUOS R6を分割でセット購入する方法

実は、この機種はIIJmioという格安SIMの会社で分割払いでセット購入できます。つまり、金銭的な負担を抑えながらも、高音質の音楽を楽しめます。

人気機種で好条件での入手が可能であるため、売り切れる可能性があるので、興味がある人はお早めの注文をおすすめ。

2023/1/31までなら、支払い総額21,120円お得になります。

IIJmio(アイアイジェイミオ)のロゴ
>>IIJmioの公式サイトはこちら
名称IIJmio(アイアイジェイ ミオ)
料金プラン(税込)
(一部)
・2GB:850円
・4GB:990円
・8GB:1,500円
初期費用(事務手数料)3,300円(税込) → 2,200円(キャンペーン実施中!(2023/2/28まで)
SIMカード発行手数料433.4円(税込)(タイプD)
解約違約金0円
最低利用期間利用開始日の翌月末日まで
MNP転出手数料0円
利用通信回線ドコモ回線、au回線
キャンペーン・顧客満足度No.1記念キャンペーン【初期費用割引特典】
初期費用を3,300円→2,200円に割引
期間:2022年12月1日~2023年2月28日 まで

・他社からの乗り換え(MNP)でスマホ端末を大幅値引き
スマホ端末が980円~
期間:2022年12月1日~2023年2月28日 まで

キャンペーンの詳細は公式サイトで確認!
>>IIJmioの公式サイトはこちら

SHARP:AQUOS R7(アクオス アールセブン)

品名AQUOS R7(アクオス アールセブン)
メーカーSHARP
価格198,000円(NTTドコモ)
重量208g
OSAndroid
CPUSnapdragon 8 Gen 1
RAM(メモリ)12GB
Bluetooth コーデックaptX Adaptive
aptX
aptX HD
LDAC
AAC
SBC

SHARPのスマホは、音質の高さにこだわった「AQUOSシリーズ」を展開しています。

例えば、2022年発売の「AQUOS R7(アクオス アールセブン)」は、端末価格が198,000円(NTTドコモ)です。

  • Snapdragon Sound 対応

     高音質ワイヤレス伝送や超低遅延で高クオリティな音質を実現

  • コーデックにaptX Adaptive対応

aptX losslessとは、aptX Adaptiveのコーデックに「ロスレス(可逆圧縮と呼ばれるデータ圧縮方式)機能」を追加したもの。

CD品質の音源を再生する場合、ロスレスで音楽データを圧縮することで、クオリティの劣化なしで原音により近い音質で聴くことができます。もちろんハイレゾ音源はハイレゾモードで再生することもできます。

  • Dolby Atmos 搭載

立体音響技術で立体的なサウンドが体験できます。

  • ステレオスピーカー 搭載

大きいスピーカーで広い音域幅を再現。また、左右のスピーカーの配置にこだわり、音の混在を防いでいるため、クリアで迫力のある音質が楽しめます。

SONY:Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー)

品名Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー)
メーカーSony
価格190,872円(NTTドコモ)
重量187g
OSAndroid
CPUSnapdragon 8 Gen 1
RAM(メモリ)12GB
Bluetooth コーデックLDAC
aptX
aptX HD
SBC

SONYのスマホは、特に音質にこだわった「Xperiaシリーズ」を展開しています。

2022年発売の「Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー)」は、端末価格が190,872円(NTTドコモ)です。

LDACにコーデックに対応です。

  • 360 Reality Audio 搭載

SONY独自の360立体音響技術で、目の前にアーティストがいるような臨場感を体感できる(イヤホン・ヘッドホンのみ対応)

  • 360 Upmix 搭載

ストリーミングサービスなどの音源をより立体的な音質に変換できます。

(イヤホン・ヘッドホンのみ対応)

  • DSEE Ultimate 搭載

ハイレゾ音源以外の圧縮音源をSONY独自のAI技術で、よりハイレゾに近い高音質で聴くことができます。

  • 音質重視設計のオーディオジャック

    SONY独自の設計で、よりクリアな音質で深い低音領域も再現できます。

  • Dolby Atmos 搭載

立体音響技術でより立体的なサウンドが体感できます。

  • フルステージステレオスピーカー 搭載

左右に配置された新しい構造のスピーカーにより、よりクリアで迫力ある音質を体感できる

などの性能を搭載しています。

イヤホン(ヘッドホン)とスピーカーのどちらの音質も、より高音質にこだわりたい方におすすめです。

iPhoneでaptX Adaptiveは非対応

ハイレゾBluetoothコーデックに対応しているのは一部のAndroidのスマホ端末のみで、iPhoneでは非対応です。

しかしながら、別売りの変換アダプタをつけることで、ハイレゾの音楽を聴くことができます。

詳しくは、下記の記事をご覧ください。

【iPhoneで使えるaptX adaptiveトランスミッター】BT-W4レビュー

3 イヤホン

送信側と受信側の機器が同じBluetoothコーデックを搭載していないと、そのコーデックでの接続はできません。

例えば、ワイヤレスイヤホンがaptX Adaptiveに対応していても、発信元のスマートフォンが対応していなければ、aptX Adaptiveでの接続はできず、SBCなどのコーデックでの接続になります。逆の場合も、同じになります。

Victor (ビクター):「HA-FW1000T」

SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive に対応しています。

イヤホンの振動板には、「木」の採用。優れた音質と装着感を誇る完全ワイヤレスイヤホンです。

本体とケースには、ビクターの優れた技術と品質の証であるビクターロゴがあしらわれています

大口径ウッドドーム振動板は、木材特有の広い音を保持し、カーボン振動板はより大きな音楽体験を追求します。

aptX Adaptiveに対応しており、ハイレゾ音源を聞き逃さないようにします。

スパイラルドットプロは、音質と装着感の満足度を高めるために新開発されたイヤーピースも採用。

音楽制作の現場である「ビクタースタジオ」の音響のプロが認める音質です。

¥39,600(税込)

ビクター公式サイトの詳細ページはこちら

YAMAHA (ヤマハ):「TW-E3C」

SBC、AAC、aptX Adaptiveに対応しています。

TW-E3Cイヤホンは、ライブ会場にいるような臨場感を味わえるイヤホンで6色のカラーバリエーションで展開するワイヤレスイヤホンです。

ヤマハの楽器製造の経験を生かし、クリアな音質と楽器のニュアンス、正確な音質と表現力、低音の再現性を高めています。

スマートフォンとパソコンなど、2台の通信機器に接続できる「マルチポイント接続」、外の音を取り込みながら音楽と一緒に聴くことができる「アンビエントサウンド」も搭載。

専用アプ「Headphone Control」を使えば、EQ調整を調整し、自分だけのサウンドを実現します。

ヤマハ公式サイトの詳細ページはこちら

FiiO:「FIO-FW5」

SBC、AAC、aptX、aptX AdaptiveLHDC に対応しています。

FiiO FW5は、FiiOが長年のイヤホン開発により実現した、卓越した音質を誇るワイヤレスイヤホンです。

ユーザーの間で以前から好評だった、トップクラスのBluetooth受信チップを使用し、忠実で優れたリスニング体験を実現するために設計されています。

さらに、FW5では、フラッグシップBluetoothチップ「QCC5141」を採用し、最大21時間(本体最大約7時間+充電ケース最大約14時間)の再生時間を実現しています。

操作性を高める4つのボタンを搭載し、誤動作を防止します。また、あらゆる環境で使用できる「IPX4」の防水性能を備えています。

FiiO公式サイトの詳細ページはこちら

まとめ

音質性能に特化したスマホを選ぶだけで、普段聴く音楽の音質が各段に上がります。

この記事を参考に、自分が実現させたい音質レベルに合ったスマホを探してみてください。

なお、AQUOS R6(アクオス アールシックス)なら格安SIMのIIJmioでセット購入することも可能です。

また、定額制で音楽聴き放題のストリーミングサービスSpotifyを利用する際のおすすめの格安SIMを紹介した記事もあわせてご覧ください。

Spotifyが格安SIMの2社ならカウントフリーで聞き放題!

>>2台目におすすめの格安SIM・スマホランキングはこちら

  • この記事を書いた人

格安スマホぴったり会議 編集長

スマホはiPhone SE2を利用。今まで、ソフトバンク、au、BIGLOBEモバイル、UQモバイル、OCNモバイルの契約、MNP乗り換えを経験。家族からのスマホに関しての質問にも細かく答えている日々を過ごす。

-スマホ2台目
-