Amazonミュージックを格安SIMで聴くならどれがいいのか

格安SIM・格安スマホ

Amazon Musicがカウントフリーになる格安SIM会社とは?外で音楽を楽しむ方法

Amazon MusicはAmazonが提供するサブスクサービスで、音楽が聴き放題になります。

Wi-Fi環境以外ではスマホのデータ通信容量は消費しませんが、Wi-Fi環境のない、屋外、通勤通学時には、そのデータ通信容量の消費が気になるところでしょう。

ここでは、Amazon Musicを利用するとどれくらいデータ通信容量を消費するのか、またその消費するデータ通信容量を節約する方法を解説。

また、「節約するのが、いろいろと面倒」という方へは、Amazon Musicをいくら聴いてもデータ通信容量が消費しないカウントフリーのオプション機能のある格安SIM会社も紹介します。

データ通信容量を使い切ってしまうことを避けたいという方は、ぜひ今回の記事を最後までご覧ください。

カウントフリーとは?

カウントフリーとは、対象のアプリを使ってもデータ通信容量が消費されない、データを使ったことをカウントしないことです。

これをうまく活用することで、データ通信容量を節約できます。

Amazon Musicの種類を確認

Amazon Musicにはいくつかの種類がありますので、整理していきましょう。

料金は、Amazon Musicのサブスクサービスの利用にかかる料金です。

サービス名料金特徴
Amazon Music
Prime
500円(Prime会員の月額料金)・200万曲以上
・Amazon Prime会員の特典に含まれたサービス
Amazon Music
Unlimited
980円・9,000万曲以上
Amazon Music
HD
Amazon Music Unlimitedに
加入で追加料金なし
・9,000万曲以上を高音質で聴ける
(標準の2倍以上の音質)
Amazon Music
Ultra HD
Amazon Music Unlimitedに
加入で追加料金なし
・9,000万曲以上を超高音質で聴ける
(標準の10倍以上の音質)

Amazon Musicを聴くとデータ通信容量をどれくらい消費する?

Amazon Musicのデータ通信容量の消費量は音質によって異なります。

例えば、1時間の音楽再生で消費するデータ通信容量は以下の通りです。

音質の設定1時間の再生で消費するデータ通信容量
データ通信節約約0.05GB
標準約0.1GB
HD/Ultra HD約1GB

とくにこだわりがなければ、「データ通信節約」で十分でしょう。

しかしながら、常に、HD/Ultra HDの高音質で音楽を聴きたい場合は、データ通信容量の消費の節約、あるいは、カウントフリーのサービスを提供している格安SIMを選ぶことをおすすめします。

HDの容量の消費は早い

例えば、月のデータ通信容量が3GBプランの格安SIMを利用した場合、HD/Ultra HDで音楽を聴いたら、わずか3時間でデータを使い切ってしまいます。

Amazon Musicのデータ通信容量の消費を節約する2つの方法

節約する2つの方法は次のとおりです。

  1. あらかじめ楽曲をスマホ端末にダウンロードしておく
  2. Wi-Fi環境下でAmazon Musicを利用する

1つ目は、あらかじめ楽曲をスマホ端末にダウンロードしておくことがあげられます。

つまり、Wi-Fiを利用しているときであれば、データ通信容量は消費しませんので、そのときに楽曲をスマホ端末にダウンロードしておく方法です。

スマホ端末にダウンロードされた楽曲を聴くなら、外部との通信が不要で、データ通信容量を消費しません。

ストレージ容量に注意

「でも、大量の楽曲をスマホ端末にダウンロードしたら、スマホ端末のストレージ容量を消費するのでは?」と思ったかもしれません。

はい、その通りです。1曲あたりおよそ5MB(0.005GB)前後、100曲なら500MB(0.5GB)なので、その分、スマホ端末のストレージ容量を使用してしまいますので注意が必要です。

2つ目は、Wi-Fi環境下でAmazon Musicを利用することで節約できます。

Wi-Fiが整備されている自宅や職場、Wi-Fiスポットで利用すれば、データ通信容量は消費しません。

しかし、屋外など、Wi-Fi環境が無い場所では、データ通信容量を消費します。

そんな時は、Amazon Musicをモバイル通信で聴いてもデータ通信容量が消費しない「カウントフリー」の格安SIMを選ぶものよいでしょう。

格安SIMのカウントフリーとは?

カウントフリーとは、対象のアプリを使用中、データ通信容量が消費されないサービスのことです。

よく、このようにデータ通信量を消費しないオプションを総称して、「カウントフリーオプション」「カウントフリー」という名前でサービスを提供しています。

同じようなサービスを、OCNモバイルでは、Musicカウントフリー、BIGLOBEモバイルでは、エンタメフリー・オプションという名称で提供しています。

この記事では、このように対象のサービスを利用する際に、データ通信容量を消費しないことを以下「カウントフリー」と表記します。

Amazon Musicの利用でおすすめの格安SIM会社

ここからは、Amazon Musicをどれだけ聴いてもデータ通信量が消費しない格安SIMのサービスを紹介します。

無料で登録できるMUSICカウントフリー!「OCN モバイル ONE」

OCNモバイルは、NTTコミュニケーションズが運営する格安SIM会社です。

OCN モバイルには、MUSIC カウントフリーというサービスがあります。これは、指定の音楽アプリで音楽を聴いても、データ通信容量は消費しないというサービスで、無料で加入できます。

そのため、容量の少ないプランであっても、MUSICカウントフリーに加入していれば、Amazon Musicをいくら利用しても、データ通信容量は消費しません。

Amazon Music HDもOCNモバイルのカウントフリーの対象です。

  • Amazon Music
  • Spotify
  • LINE MUSIC
  • AWA
  • dヒッツ
  • ひかりTVミュージック
  • TOWER RECORDS MUSIC

さらに、上記に加えて、2023年3月30日までインターネットテレビの「ABEMA」の視聴もカウントフリーとなります。

なお、ABEMAは2022年11月20日から始まるサッカーワールドカップの全64試合が無料で見られますのでこちらも注目したいところですね。

また、OCNモバイルなら、以下のような低料金、0.5GBなら550円から契約できますので、2台目の音楽専用スマホとしての利用もおすすめです。

OCNモバイルの月額料金は次のとおりです。

料金プラン(税込)・0.5GB:550円
・1GB:770円
・3GB:990円
・6GB:1,320円
初期費用(事務手数料)3,300円(税込)
SIMカード発行手数料433.4円(税込)
解約違約金0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円

OCNモバイルのサービス内容を知りたい方は「OCNモバイルのメリットとデメリットを解説」もチェックしてください。

OCNモバイルならスマホも安い

OCNモバイルならスマホ端末も安く購入できることで知られています。

過去には期間限定キャンペーンで1円でスマホ端末がセット販売されていたこともありますので、公式サイトをこまめにチェックしましょう。

>>OCNモバイル ONEの公式サイトはこちら

21種類のアプリでカウントフリー(有料)になる「BIGLOBEモバイル」

BIGLOBEモバイルには、Amazon musicをカウントフリーにしてくれる、エンタメフリー・オプションがあります。

エンタメフリー・オプションでは、Amazon musicをはじめ、最近流行りのYouTubeやVODサービス(動画配信サービス)など全21種類が対象です。

エンタメフリー・オプションは、有料のオプションで、音声SIMの場合は、月額308円(税込)です。

BIGLOBEモバイルの基本情報は以下のとおりです。

名称BIGLOBEモバイル(ビッグローブモバイル)
料金プラン(税込)・プランS 1GB:1,078円
・プランR 3GB:1,320円
・プランM 6GB:1,870円
初期費用(事務手数料)3,300円(税込)
SIMカード発行手数料433円(税込)
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ドコモ回線、au回線

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションについては「BIGLOBEモバイルのエンタメフリーを解説!」の記事でも解説しています。

>>BIGLOBEモバイルの公式サイトはこちら

一定の通信速度に制限される代わりにデータ使い放題!「mineo(マイネオ)」

マイネオ mineo ロゴ

格安SIMのmineoには、主に2つの料金プラン「マイピタ」と「マイそく」があります。

Amazon Musicを聴くだけでなく、他の音楽アプリや他のアプリも幅広く利用するのであれば、mineoのマイそく スタンダード(最大速度1.5Mbps)990円(税込)がおすすめです。

通常、スマホの通信速度は10~70Mbpsになるのが、一般的です。このマイそくでは、通信速度が、1.5Mpbsと制限されますが、データ通信容量を気にせずに使い放題となります。

このプランは、平日(月~金)のお昼12時台は32kbps(0.032Mbps)とかなり低速になり、この間はAamzon Musicを速度が遅すぎて聴けません(電話、メール、チャットは可能)。

もしも、学校や職場の昼休憩時間が定時12時から~と決まっている人には、このプランはおすすめできません。一方で、お昼の休憩時間は融通が利く、自分の好きな時間に休憩できる、という人には、12時の時間帯を避ければ、料金を大幅に安くすることが可能になります。

平日の12時以外の時間帯は最大速度1.5Mbpsで利用できます。1.5Mbpsであれば、Amazon Musicの再生は問題なくできるでしょう。

mineoのマイそくの通信速度

通常時:1.5Mbps

平日12時:32kbps

Amazon Musicに必要な通信速度は、およそ200Kbpsですので、通信時の速度なら十分な通信速度と言えます。

なお、mineoの支払い方法は、クレジットカード、デビットカード、口座振替が選べます。また、回線もドコモ、au、ソフトバンク回線の3つから選べます。

mineoの最低利用期間は無く、解約精算金等も無料です。さらに、MNP転出手数料も無料ですので、安心して契約できるでしょう。

mineoの月額料金は以下の通り。

名称mineo(マイネオ)
マイピタ
料金プラン
(税込)
・1GB:1,298円
・5GB:1,518円
・10GB:1,958円
・20GB:2,178円
マイそく
料金プラン
(税込)
・最大速度 300kbps:660円
・最大速度 1.5Mbps:990円
・最大速度 3Mbps:2,200円
(※)速度は一定になる代わりに、データ通信が使い放題
(※)月~金のお昼12時台は32kbpsと低速になります
初期費用(事務手数料)3,300円(税込)
SIMカード発行手数料440円(税込)
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線

mineoのサービス内容は、「mineoのメリット、デメリットを解説」でも解説しています。

>>mineoの公式サイトはこちら

通信速度を抑えた節約モードが便利!「UQモバイル」

UQモバイル ロゴ

KDDIグループであるUQモバイルは、安定した通信速度が期待できます。

また、UQモバイルには、通信速度をおさえた節約モード(最大速度300kbps)が利用できます。節約モードでは、通信速度を落とすことでデータ通信容量の消費をゼロにするサービスです。

節約モードの通信速度

UQモバイルのくりこしプランS、M、Lの節約モードの通信速度は以下の通り。

くりこしプランS:最大300Kbps

くりこしプランM、L:最大1Mbps

Amazon Musicに必要な通信速度は、およそ200Kbpsですので、十分な通信速度と言えます。

Amazon Musicはもちろん、web検索をしても、データ通信容量の消費はゼロです。

なお、UQモバイルにかかる月額料金は以下のとおり。

名称UQモバイル
料金プラン(税込)・くりこしプランS 3GB:
1,628円
・くりこしプランM 15GB:
2,728円
・くりこしプランL 25GB:
3,828円
初期費用(事務手数料)3,300円(税込)
SIMカード発行手数料0円
解約違約金0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線au回線

UQモバイルのサービス内容や料金プランは「UQモバイルのメリット、デメリットと料金プランを紹介」でも解説しています。

>>UQモバイルの公式サイトはこちら

データ無制限!「楽天モバイル」

楽天モバイルには、カウントフリーや低速モード、節約モードはありません。

それらが必要ない、データ無制限の料金プランです。

楽天モバイルの料金プランは、3段階ありますが、月のデータ通信容量を20G以上消費した後は、料金は3,278円となり、それ以上あがることはありません。

Amazon Musicだけでなく、SNSやYouTubeなどの動画サイトをよく利用する人におすすめです。

楽天モバイルの月額料金は以下のとおり。

名称楽天モバイル
料金プラン(税込)・0~3GB :1,078円
・3GB~20GB:2,178円
・20GB以上 :3,278円
初期費用(事務手数料)0円
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線楽天回線

楽天モバイルのサービス内容は「楽天モバイルのメリット・デメリットを解説」でも紹介しています。

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら

Amazon Musicがカウントフリーになる格安SIM会社まとめ

Amazon Musicはたくさん音楽をストリーミング再生できますが、スマホのモバイル通信の際には、通信容量を使用します。通信容量を節約するためには、あらかじめスマホ端末に楽曲をダウンロードする方法がありますが、その分、スマホ端末のストレージ容量を消費します。

格安SIMの中には、OCNモバイルやBIGLOBEモバイルのように、Amazon Musicを使用時に通信容量を消費しないカウントフリーのサービスがあります。

また、mineo、UQモバイルのように、通信速度は一定の速度に制限されるものの、その分、通信データ通信容量は使い放題というものもあります。

もう一度、カウントフリーの格安SIM会社を見る際はこちら「Amazon Musicがカウントフリーになる格安SIM会社

-格安SIM・格安スマホ
-,