Amazonミュージックを格安SIMで聴くならどれがいいのか

格安SIM・格安スマホ

Amazon Musicを聴くならこの格安SIM会社!データ容量も解説

Amazon Musicは音楽が聴き放題になる便利な音楽アプリですが、Wi-Fi環境以外ではスマホのデータ通信量が気になるでしょう。

ここでは、Amazon Musicの消費データ容量を解説します。

また、通信容量を節約する方法も紹介。さらに、「節約するのが、いろいろと面倒」という方へ、Amazon Musicをいくら聴いても通信データ容量が消費しないカウントフリーオプション機能のある格安SIM会社も紹介します。

データ通信容量を使い切って、余分な料金が発生するのは避けたいという方は、ぜひ今回の記事を最後までご覧ください。

Amazon Musicのデータ通信容量はどれくらい?

まず、Amazon Musicのデータ通信容量の消費量について解説します。

Amazon Musicのストリーミングのデータ通信の消費量は音質によって異なる

Amazon Musicの音質の設定は、以下の4種類です。

  1. 自動
  2. データ通信節約
  3. 標準
  4. HD/Ultra HD

そして1時間の音楽再生で消費するデータ通信容量は以下の通りです。

音質1時間の再生で消費するデータ通信容量
自動約0.06GB
データ通信節約約0.05GB
標準約0.1GB
HD/Ultra HD約1GB

Amazon Musicのデータ通信容量の消費を節約する方法

Amazon Musicのデータ通信容量の消費を節約する方法としては、あらかじめ楽曲をスマホ端末にダウンロードしておくことがあげられます。

つまり、Wi-Fiを利用しているときであれば、データ通信容量は消費しませんので、そのときに楽曲をスマホ端末にダウンロードしておく方法です。

スマホ端末にダウンロードされた楽曲を聴くなら、外部との通信が不要で、データ通信容量を消費しません。

「でも、大量の楽曲をスマホ端末にダウンロードしたら、スマホ端末のストレージ容量を消費するのでは?」と思ったかもしれません。

はい、その通りで、1曲あたりおよそ5MB(0.005GB)前後、100曲なら500MB(0.5GB)なので、その分、スマホ端末のストレージ容量を使用します。

そうなると、ダウンロードするごとにスマホ端末のストレージ容量の気にする面倒だと思った方は、Amazon Musicをモバイル通信で聴いてもデータ通信容量が消費しない「カウントフリー」の格安SIMを選ぶものよいでしょう。

格安SIMのカウントフリーとは

カウントフリーとは、契約プランのデータ通信量(以下ギガと記載)を消費せずに、対象のサービスを利用することができるオプションサービスのことです。

よく、このようなデータ通信量を消費しないオプションを総称して、「カウントフリーオプション」「カウントフリー」という名前でサービスを提供しています。

同じようなサービスを、OCNモバイルでは、Musicカウントフリー、BIGLOBEモバイルでは、エンタメフリー・オプションという名称で提供しています。

この記事では、このように対象のサービスを利用する際に、ギガを消費しないことを以下「カウントフリー」と表記して紹介していきます。

Amazon Musicをスマホで聴く際におすすめの格安SIM会社

ここからは、Amazon Musicをどれだけ聴いてもデータ通信量が消費しない格安SIMのサービスを紹介します。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEには、MUSIC カウントフリーというオプションサービスがあり無料で利用することができます。

そのため、容量の少ないプランであっても、安心してamazon musicを利用することができるのです。

OCN モバイル ONEのmusicカウントフリーでは、Amazon Music Unlimited(アマゾンミュージックアンリミテッド)に対する割引を提供しています。

Musicカウントフリーを使用すると、Amazon Music Unlimitedを3カ月間無料で利用することができます。

OCNモバイルなら、最安の月額料金プランは500MB(0.5GB)で550円(税込)を選ぶことができます。また、最低利用期間が無く、契約解除料も無料なので、安心して契約できるでしょう。

>>OCNモバイル ONEの公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルには、Amazon musicをカウントフリーにしてくれる、エンタメフリー・オプションがあります。

エンタメフリー・オプションでは、Amazon musicをはじめ、最近流行りのYouTubeやVODサービス(動画配信サービス)など全21種類が対象です。

エンタメフリー・オプションは、有料のオプションで、音声SIMの場合は、月額308円(税込)です。

BIGLOBEモバイルの公式サイトはこちら

mineo(マイネオ)

Amazon Musicを聴くだけでなく、他の音楽アプリや他のアプリも幅広く利用するのであれば、mineoのマイそく スタンダード(最大速度1.5Mbps)990円(税込)がおすすめです。通信速度が、1.5Mpbsと制限されますが、データ容量を気にせずに使い放題となります。

このプランは、平日(月~金)のお昼12時台はおよそ0.032Mbpsとかなり低速になりますが、それ以外の時間帯はおおむね1.5Mbpsで利用できます。通常この速度であれば、Amazon Musicの再生は問題なくできるでしょう。

なお、通常、音楽のストリーミング再生に必要な通信速度は、0.1Mbpsとされているため、マイそくスタンダードの1.5Mbpsであれば、十分な通信速度でしょう。平日の12時台に通信制限がかかるので、この点だけは覚えておきましょう。

なお、mineoの支払い方法は、クレジットカード、デビットカード、口座振替が選べ、また、回線もドコモ、au、ソフトバンク回線の3つから選べます。

mineoの最低利用期間は無く、解約精算金等も無料です。さらに、MNP転出手数料も無料ですので、安心して契約できるでしょう。

>>mineoの公式サイトはこちら

UQモバイル

UQモバイルには、通信速度をおさえた節約モードが利用できます。

節約モードでは、通信速度をわざと、一時的に速度制限にまで落とすことでギガの消費をゼロにするサービスで、音楽ストリーミングやweb検索のギガ消費をゼロにしてくれます。

UQモバイルの情報では、Amazon musicを使用する場合、少し動作が遅くなる可能性があるそう。

なお、UQモバイルは、月額1,628円(税込)3GBから利用できます。

>>UQモバイルの公式サイトはこちら

Amazon Musicのデータ消費容量のまとめ

Amazon Musicはたくさん音楽をストリーミング再生できますが、スマホのモバイル通信の際には、通信容量を使用します。通信容量を節約するためには、あらかじめスマホ端末に楽曲をダウンロードする方法がありますが、その分、スマホのストレージ容量を消費します。

格安SIMの中には、OCNモバイルやBIGLOBEモバイルのように、Amazon Musicを使用時には通信容量を消費しないカウントフリーのサービスがあります。

また、mineo、UQモバイルのように、通信速度は遅いものの、その分、通信データ容量は使い放題というものもあります。

ご自身の状況にあわせて、格安SIMを選んでみるとよいでしょう。

-格安SIM・格安スマホ
-,