デュアルSIMを利用するとバッテリーの消費が早い?新しいスマホに買い替えたほうがいい?

「デュアルSIMを使うと本当にバッテリーが早くなくなるの?」と心配になっていることでしょう。

デュアルSIM機能を持つスマホは、2つの回線を利用でき便利ですが、バッテリー消費は。。。?

結論からいいますと、バッテリーの消費は早くなります。

しかし、いくつかの設定で、デュアルSIMを使用してもバッテリーの消費を抑えられます。

この記事では、デュアルSIM使用時のバッテリー消費についての真実を解明し、バッテリー消費を最小限に抑えるための具体的な方法ご紹介。

また、安くスマホ端末を購入できる「デュアルSIMにおすすめの格安SIM」も解説します。

あわせて読みたい記事
デュアルSIMとは?メリットとデメリットを解説しデュアルSIMの活用法を解き明かす!

目次

バッテリー消費が早くなる原因

デュアルSIMを利用していると電池の消費は早くなる可能性があります。

スマホは、常に電波を探しています。電波を探すために、スマホは「音声通話」と「データ通信」という2種類の通信方法を使っています。

デュアルSIMを使うと、2つの回線それぞれで電波を探すため、バッテリーの消費は増えます。

例えば、1つの回線だけを使っている場合と比べると、デュアルSIMでは2倍のバッテリーを通信に使うことです。

また、スマホの設定が適切でない場合も、バッテリーの消費が増える原因に。

実際、デュアルSIMを使うと、バッテリーの消費量が1割から2割ほど増えることがあります。わかりやすく例えると、1台の車でガソリンを使うのではなく、2台の車が同時にガソリンを使っているようなもの。

ただし、バッテリーの消費量は、デュアルSIMの使い方や、スマホで使っているアプリの数によっても変わります。

デュアルSIMを使うシーンによっても、バッテリーの消費量は変わってきます。

まずは、バッテリー消費の利用シーンから確認していきましょう。次の章で詳しく解説します。

バッテリーの消費を抑えるスマホの設定

デバイスのバッテリーの消費を抑えたい場合、いくつかの方法があります。

ここでは、iPhoneでの設定をご紹介します。

1.画面の明るさを抑える

1つ目はスマホ端末の明るさを抑えることです。ほとんどのデバイスには、画面の明るさを落としたりできます。これは、明るさを落とすことは、バッテリー駆動時間に大きな影響を与える可能性があります。

1 画面表示と明るさをタップ
2 明るさを調整してください

2.低電力モードを利用する

2つ目は、低電力モードや、省エネモードがある場合は、利用しましょう。

多くのスマホ端末にはそれらの機能が搭載されており、待機状態や充電が残り少ないときに電力消費を抑えられます。

1.バッテリーをタップ
2.省電力モードを選びます

3.通知設定をオフにする

3つ目は、通知を減らすことです。メールやテキストメッセージ、アプリなど、多くの通知は常にバッテリーを消耗させる原因になります。

1.通知をタップ
2.画面をスクロール。通知をオフにしたいアプリを選びます

4.不要なアプリの削除

4つ目は、アプリです。アプリが多いと電力を消費するため、可能であれば削除することをおすすめします。

1.画面のアプリを長押しします
2.上記のような項目が表示されますので、削除を選んでください。

スマホの設定でも解決しない場合は?

スマホのバッテリーには限界があることをご存知でしょうか?

一般的にはスマホのバッテリー寿命は、2年ぐらいと言われ、その後劣化するスピードが加速してしまいます。

購入からそのくらい経てば、スマホの設定だけではバッテリーの持ち直しが難しくなるのです。

充電頻度が多くなったり、想定より消費が早くなった場合は要注意。いくつかの対策を試しても改善が見られないなら、バッテリーの限界といえます。

この際はスマホの買い替えも視野に入れましょう。

次の章では、スマホ端末をセットで購入できる格安SIMを紹介します。中には1万円以下で購入できるスマホ端末もありますので、ぜひチェックしてください。

スマホ端末をセット購入できる格安SIM

スマホ端末の高騰に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

そんな時、注目したいのが格安SIMでのスマホ端末セット購入です。

格安SIMは、「月額料金が大幅に安くなる反面、速度やカバー範囲に不安もある…」そんなイメージを持っている人もいるようです。

でも、うまく活用すれば優れたコストパフォーマンスは発揮します。

そこで、下記の格安SIMをおすすめします。

もしものときに対面サポートを受けたいという方は、全国にあるワイモバイルショップのある「ワイモバイル」がおすすめです。

また、通信速度が少しでも早い方がいいという方は、「UQモバイル」を検討してください。

ワイモバイル

ワイモバイルのロゴ
名称ワイモバイル
料金プラン(税込)新料金「シンプル2」2023年10月4日スタート
・シンプル2S 4GB :
2,365円
・シンプル2M 20GB :
4,015円
・シンプル2L 30GB :
5,115円
おうち割(※1)
・光回線加入で割引適用
適用時の料金
・シンプル2S 4GB:
1,265円
・シンプル2M 20GB:
2,365円
・シンプル2L 30GB:
3,465円
家族割引サービス(※1)
2回線目以降が割引
適用時の料金
2回線目以降
・シンプル2S 4GB:
1,265円
・シンプル2M 20GB:
2,365円
・シンプル2L 30GB:
3,465円
PayPayカード割
・PayPayカード支払いで
各料金から187円割引
余ったデータの翌月繰り越しあり
初期費用(事務手数料)0円(※3)
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ソフトバンク回線

(※1)おうち割と家族割引サービスの併用は不可。
(※1)SoftBank 光、SoftBank Airが対象です。
(※2)オンラインストアで手続きをする場合は事務手数料が0円。店舗での契約は3,850円(税込)かかります。

\1円スマホあり!6,000円相当還元/

契約期間の縛り無し!解約手数料もゼロ!

ワイモバイルで快適なスマホライフを手頃な料金で実現しましょう。

ワイモバイルは、ソフトバンクグループの格安SIMだから、安定した通信品質が特徴。

おすすめはオンライン申込み。新規契約手数料3,850円が完全無料になります。

最新iPhoneは扱っていないものの、1〜2世代前のiPhoneなら手頃な価格で購入可能。iPhoneSE2やiPhone13など人気モデルがラインナップ。

最新iPhoneがほしい場合も、Apple Storeで購入し、ワイモバイルで使えばOK。

なお、Androidスマホは5,000円台からお得なスマホが選べます。

格安SIMのメリットを活かしつつ、自分にピッタリのスマホを選べるのが魅力です。ぜひワイモバイルで快適なスマホライフをスタートさせましょう。

\1円スマホあり!6,000円相当還元/

契約期間の縛り無し!解約手数料もゼロ!

UQモバイル

UQモバイルのロゴ
名称UQモバイル
料金プラン(税込)・ミニミニプラン 4GB:
2,365円 (割引適用で1,078円)

・トクトクプラン
1~15GB:
3,465円 (割引適用で990円~2,178円)

・コミコミプラン 20GB:
3,278円
余ったデータの翌月くりこしあり
初期費用(事務手数料)3,850円(税込)
SIMカード発行手数料0円
解約違約金0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線au回線
新料金プランは2023年6月1日から開始

\最大10,000円相当還元/

縛り期間、解約手数料なし、違約金もなし!

UQモバイルはau・KDDIグループの格安SIM。安定した通信ネットワークと手頃な料金が魅力。

なかでも人気のiPhoneは1~2世代前のモデルなら割安価格で購入できます。

現在、iPhone13、iPhone SE(第三世代)を販売中。

\最大10,000円相当還元/

縛り期間、解約手数料なし、違約金もなし!

もう一度「デュアルSIMにおすすめの格安SIM」を最初から見る

まとめ

本記事では、デュアルSIMの電池消費について、そもそもの原因と早くなる状況についてご紹介していきました。

ご紹介した通り、デュアルSIMの電池消費の早さは、使用する場所の電波の強さに大きく影響されてしまいます。

ですので、少しでも電池消費を遅くデュアルSIMを利用したいのであれば、電波の悪い移動中などは頻繁にスマホを使用することなく、電波の安定する場所でのみ使用することでより長い時間デュアルSIMのスマホを使用できます。

また、バッテリーの問題はモバイルバッテリーを持ち歩くことでも解決することが多いので、合わせて検討してみるといいでしょう。

ぜひ本記事を参考にして、デュアルSIMの電池消費を気にしないように上手に使いこなしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次