らじるらじるアプリのデータ通信量は?通信制限を気にせずにらじるらじるを楽しむ方法を解説

らじるらじるアプリの15分での通信量は?外出中でもデータ容量が消費しない方法

通勤、通学など外出中で、スマホで「らじるらじる」アプリを利用してNHKラジオを聴く際に、「残りのデータ通信容量はどれくらいかな?」と気になっていることでしょう。

いつの間にか、データ通信容量を消費して、「その月のデータ通信容量の上限に達してしまった」ということは避けたいでしょう。

この記事では、ラジオ英会話の講座などでよくある講義時間の「15分間」での通信量を解説し、1ヵ月での通信量も紹介

今すぐ消費する通信量をチェックしたい方は「らじるらじるアプリの15分での通信量」をご覧ください。

また、 「データ通信容量を節約する方法」も紹介します。

目次

らじるらじるの15分での通信量

らじるらじるの通信データ容量は15分聴くと7MBを消費する

例えば、人気番組の「大西泰斗先生のラジオ英会話~ハートでつかめ!英語の極意~」を月曜日から金曜日、15分を聴くとなると、1か月分では、およそ140MB、GBに換算すると、0.14GBを消費します。

スクロールできます
利用シーンおよそのデータ使用量
15分約7MB (0.007GB)
30分約15MB (0.015GB)
1時間約30MB (0.03GB)
1回15分、20日間(月~金)聴いた場合約140MB (0.14GB) 
1回30分、30日聴いた場合約450MB (0.45GB)
1回1時間、30日聴いた場合約900MB (0.9GB)

らじるらじるの通信量の節約方法

らじるらじるのデータ通信容量を気にせずに利用できる2つの方法を紹介します。

1.Wi-Fiを利用する

自宅のWi-Fiや職場のWi-Fi、あるいは特定の場所で提供しているWi-Fiスポットを利用すれば、スマホのデータ通信容量を消費しません。

自宅にインターネットのWi-Fiがあれば、確実に使用しましょう。

2.おトクな格安SIMを選ぶ

格安SIMは料金が大手携帯電話よりも安い携帯電話サービスを提供。

格安SIMでは、料金プランによって通信容量が決められています。

例えば、ワイモバイルなら4GBで2,365円です。

そして、通信容量を使い切ったあと、通信速度の制限がかかりますが、その通信速度は、格安SIMの会社によって異なります。

データ通信容量を使った後でも、制限された速度が速ければ、らじるらじるをずっと聴くことができます。

スクロールできます
格安SIM会社制限時の通信速度
楽天モバイル最大1Mbps
UQモバイル最大1Mbps
(トクトクプラン・コミコミプラン)
最大0.3Mbps
(ミニミニプラン)
ワイモバイル最大1Mbps
(シンプル2M・L)
最大0.3Mbps
(シンプル2S)
IIJmio0.3Mbps
イオンモバイル0.2Mbps

データ通信制限からの解放!おすすめの格安SIM

最近では、ドコモ、au、ソフトバンク以外にも、格安SIMなど選択肢はたくさんあります。

格安SIMは、携帯電話会社と同じような通信・通話サービスがあり、さらに、2,000円台のプランも選べます。

携帯電話会社を変更する場合、来店する必要がありましたが、現在ではインターネットで申し込めます。

もちろん、現在の電話番号をそのまま利用できます

ここからは、おすすめの格安SIMを紹介します。

残りの通信容量を気にせずに使いたいという方は、節約モード(ミニミニプランのみ)がある「UQモバイル」がおすすめです。

ソフトバンク回線が使いたいという方は「ワイモバイル」がおすすめです。

UQモバイル

UQモバイルのロゴ
名称UQモバイル
料金プラン(税込)・ミニミニプラン 4GB:
2,365円 (割引適用で1,078円)

・トクトクプラン
1~15GB:
3,465円 (割引適用で990円~2,178円)

・コミコミプラン 20GB:
3,278円
余ったデータの翌月くりこしあり
初期費用(事務手数料)3,850円(税込)
SIMカード発行手数料0円
解約違約金0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線au回線
新料金プランは2023年6月1日から開始

\最大10,000円相当還元/

縛り期間、解約手数料なし、違約金もなし!

UQモバイルはKDDIグループが運営する格安SIM会社です。

UQモバイルの「ミニミニプラン」なら、データ通信容量が消費されない節約モードも利用可能

節約モードは通信速度が300kbpsに低く抑えられますが、らじるらじるを聴くには、十分な速度です。

つまり、節約モードを使えば、データ容量を一切気にする必要がなくなります。

あわせて読みたい
UQモバイルのメリットとデメリットは?月額料金を抑えても通信速度は落としたくない人必見! 携帯電話のauを使っていて、格安SIMへの乗り換えを考えたときに、最初に思い浮かぶのが「UQモバイル」かもしれません。 UQモバイルの特徴は、他の格安SIMと比べたとき、...

ワイモバイル

ワイモバイルのロゴ
名称ワイモバイル
料金プラン(税込)新料金「シンプル2」2023年10月4日スタート
・シンプル2S 4GB :
2,365円
・シンプル2M 20GB :
4,015円
・シンプル2L 30GB :
5,115円
おうち割(※1)
・光回線加入で割引適用
適用時の料金
・シンプル2S 4GB:
1,265円
・シンプル2M 20GB:
2,365円
・シンプル2L 30GB:
3,465円
家族割引サービス(※1)
2回線目以降が割引
適用時の料金
2回線目以降
・シンプル2S 4GB:
1,265円
・シンプル2M 20GB:
2,365円
・シンプル2L 30GB:
3,465円
PayPayカード割
・PayPayカード支払いで
各料金から187円割引
余ったデータの翌月繰り越しあり
初期費用(事務手数料)0円(※3)
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ソフトバンク回線

(※1)おうち割と家族割引サービスの併用は不可。
(※1)SoftBank 光、SoftBank Airが対象です。
(※2)オンラインストアで手続きをする場合は事務手数料が0円。店舗での契約は3,850円(税込)かかります。

\1円スマホあり!6,000円相当還元/

契約期間の縛り無し!解約手数料もゼロ!

また、余ったデータ通信容量は翌月に繰りこしされます。また、5G通信にも対応しています。

全国に約4,000の取扱い店舗があるので、窓口で相談することも可能。

あわせて読みたい
ワイモバイルのメリット、デメリットを解説!LINEMO、ソフトバンクとの比較も紹介 格安SIM・スマホを探している多くの方が気になるのが、ワイモバイル。 ずばりワイモバイルを一言でいうと、「料金が安くなったソフトバンクの携帯電話」と言えます。 つ...

らじるらじるはNHKラジオが聴けるアプリ

らじるらじるアプリのアイコン

らじるらじるとは、NHKのラジオ番組「ラジオ第一」「ラジオ第二」「NHK-FM」の全国の番組のリアルタイム放送、さらには「聴き逃し」番組を聴くことができるiPhone、Androidスマホのアプリです。

つまり、従来のラジオプレーヤーから聴ける内容と同じです。

このアプリは、山間部や夜間の海外からの電波障害、高層マンションなどのコンクリート壁の普及、電波状況が悪い地域でのラジオ放送受信の問題に対応するためにスタートしました。

特長は以下の通り。

  • 使用料金は無料で利用できます。
  • ただし、スマホでのデータ通信容量は、消費します。(Wi-Fi環境下ならデータ通信容量は消費しません)。
  • 一部の番組は、「聴き逃し」として、過去の番組を聴くことも可能。
  • NHKラジオですので、ニュース番組や英語などの語学番組、音楽番組から朗読までさまざまです。

らじるらじるアプリの使い方

らじるらじるのスマホの画面

らじるらじるアプリでは、以下の放送があります。

  • R1 ラジオ第一放送 (総合:ニュース、天気、交通情報、トークなど )
  • R2 ラジオ第二放送 (教育:英語講座、語学、高校講座など)
  • FMラジオ放送(ニュース、天気、クラシック音楽)
  • 聴き逃し放送

なお、ラジオ番組は「NHKラジオの番組表を公式サイトで見る」からいつでも最新の番組をチェックできます。

聴き逃し放送とは、過去に放送した番組を聴けます

注意点としては、配信される期間がおおよそ1週間程度ですので、それ以降は聴くことはできません。

聴き逃し放送は、こんな時に便利

聴き逃し放送はこんな時に便利です。

「いつも聴いているラジオ番組を、突然の用事があって聴けなかったがあとで、「聴き逃し放送」があったので、聴けた。」

「朝7時に放送される番組を聴きたいがいつも移動中で聴けない。だから、その日のお昼休憩に「聴き逃し」番組を聴いている。」

radikoでも聴ける?

radikoアプリのアイコン

radikoは、NHKラジオだけでなく、民放のラジオも無料で聴けます。

ラジオアプリradikoでもNHKラジオを聴くことはできますが、NHK第2だけはradikoで聴けません。

らじるらじるradiko
ラジオ第1聴ける 聴ける
ラジオ第2聴けるX 聴けない
NHK-FM聴ける 聴ける

なお、「radikoのデータ通信容量についての記事」もご覧ください。

あわせて読みたい
らじるらじるアプリのデータ通信量は?通信制限を気にせずにらじるらじるを楽しむ方法を解説 通勤、通学など外出中で、スマホで「らじるらじる」アプリを利用してNHKラジオを聴く際に、「残りのデータ通信容量はどれくらいかな?」と気になっていることでしょう。...

もう一度、「らじるらじるユーザーにおすすめの格安SIM」をみる

よくある質問

ここからは、よくある質問を紹介します。

らじるらじるはパソコンで聴ける?

はい、聴けます。

Google ChromeやMicrosoft Edgeなどのブラウザからインターネットの公式サイト「らじるらじる」から聴くことができます。

らじるらじるはダウンロード可能?

結論からいいますと、NHKラジオ らじるらじるでは、ダウンロード再生はできません。

公式のQ&Aでも、「ストリーミング形式で配信しているため、ダウンロードはできません。」と記載があります。

聴き逃し放送は通信容量が少ない?

リアルタイム放送と聴き逃し放送のデータ通信容量の違いはほとんどありません。

もう一度、「らじるらじるユーザーにおすすめの格安SIM」をみる

らじるらじるの通信量まとめ

NHKラジオ らじるらじるは、ダウンロード再生には対応しておらず、データ通信容量を消費してストリーミング再生する必要があります。

先ほど示したとおり、らじるらじるアプリの15分での通信量は、0.007GB。 1回15分、20日間(月~金)聴いた場合、 約140MB (0.14GB)  です。

また、店舗や公共の場では、用意されているWi-Fi環境を使用してストリーミング再生する必要があります。

データ通信容量を気にせずに外出中にらじるらじるを聴きたい人は、ぜひ格安SIMを検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次