ソフトバンクの通信回線を利用!ワイモバイルのメリット、デメリットって何

ワイモバイル

ワイモバイルのメリット、デメリットって何?向いている方の特徴も紹介!

スマホ料金の見直しを検討している方の中には、ワイモバイルへの乗り換えを検討している方もたくさんいるでしょう。

ただ、ワイモバイル以外にもたくさんの格安SIMが登場している昨今において、

「本当にワイモバイルでいいのか」

「ワイモバイルに乗り換えるとどんな良いことがあるのか」

というような疑問を抱えている方も多いはずです。

そこでこの記事では、ワイモバイルの特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。 ワイモバイルをはじめとする格安SIMへの乗り換えを検討している方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

ワイモバイルのサービス内容

まずは、ワイモバイルの基本情報から詳しく解説していきます。

基本情報

ワイモバイルというのは、ソフトバンクグループのサブブランドという位置づけです。

世間的には、

・格安SIM

・MVNO

と言われることが多いのですが、正確に言えばワイモバイルは格安SIMでも、MVNOでもないことになります。

格安SIMの多くは、大手キャリアの回線を借り上げることで料金を抑えるというシステムを取っていますが、ワイモバイルは自社回線を利用したまま料金を下げているため、「高品質でさらに低価格」を求めている方には最適なサービスと言えるのです。

また、5G通信にも対応しています。

料金プラン

ワイモバイルは、3つの料金プランを提供しています。

具体的には、

  • シンプルSプラン→通信容量3GB、月額2,178円
  • シンプルMプラン→通信容量15GB、月額3,278円
  • シンプルLプラン→通信容量25GB、月額4,158円

となっています。

上記料金に加えて、30秒当たり22円の通話料が加算されますが、

・だれとでも低額→月額770円

・スーパーだれとでも低額→月額1,870円

をつけることで、たくさん通話する方でもお得に利用可能です。

>>ワイモバイルの公式サイトはこちら

ワイモバイルのメリット

では次に、ワイモバイルを利用するメリットについて詳しく見ていきましょう。

余ったデータを翌月に繰り越せる

ワイモバイルは、余ったデータを翌月に繰り越すことができます。

例えば、シンプルMプラン(容量15GB)に加入して、当月10GBしか使わなかった場合は、翌月に残りの5GB分が繰り越されますので、合計20GB使えることになるのです。

家族割が適用される範囲が広い

格安SIMの中には、家族割が利かないものも多いです。

ワイモバイルでは、家族割が非常に充実していて、2回線目以降はどのプランを契約したとしても一律1,080円引きになります。

例えば、4人家族全員がワイモバイルに移行した場合、毎月3,240円の割引を受けられることになり、年換算すると38,880円もお得になるのです。

また、「家族割」と言っても、同居している親族だけでなく、

  • 親戚
  • 恋人
  • パートナー

でも対象になりますので、非常にお得と言えるでしょう。

Yahoo!ショッピングの還元率が高い

Yahoo!ショッピングをよく使う方には、ワイモバイルがおすすめです。

なぜなら、ワイモバイルユーザーの場合は、

  • Yahoo!関連サービスの利用で特典が付く
  • Yahoo!プレミアム会員無料(通常508円)

などの恩恵を受けられるからです。

また、ワイモバイルユーザーの場合は、Yahoo!ショッピングやPayPayモールで買い物をした時のポイントが、最大3%還元されます。

3%還元と聞くと、

「大したことがない」

と思うかもしれませんが、1年ベースで計算するとかなりのポイントになることもあります。

「ポイントを効率よく貯めてお得に家計管理をしていきたい」

そう考えている方は、ぜひワイモバイルへの乗り換えを検討してみてください。

PayPay関連サービスが充実

近年勢いを伸ばしてきているのが、「PayPay関連サービス」です。

この記事を見ている方の中には、PayPayが提供するサービスをメインで使用し、「PayPay経済圏の住人」になっている方もいるでしょう。

そのような方には、ワイモバイルへの乗り換えを強くおすすめします。

ワイモバイルにのりかえることで、ポイント還元率が高くなったり、お得なキャンペーンを利用できるようになったりするのです。

実店舗でも対応可能

格安SIMを提供している会社の中には、実店舗を持っていない所もあります。

ネットに強い方や、ネットを当たり前のように活用している若者世代であれば問題ないかもしれませんが、

  • 機械が苦手な方
  • パソコンは得意だが、オンラインでの手続きに抵抗がある方

は困ってしまいますよね。

ワイモバイルは、全国に4,000店舗以上の取扱店を構えていますので、店舗に足を運んでサポートを受けながら契約をすることもできるのです。

また、3,960円の別料金がかかってしまうのですが、データ移行やグーグルのアカウント設定などをワイモバイルショップに行ってもらうこともできますので、手間を省きたいと考えている方にも最適と言えます。

ワイモバイルのデメリット

では次に、ワイモバイルを利用するデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

オンライン申し込みの場合は設定を自分で行う必要がある

ワイモバイルをオンラインで申し込んだ場合は、スマホの設定を自分で行わなければなりません。

APN設定や初期設定なども全て自分で行う必要が出てくるため、初めての方は少し戸惑ってしまうかもしれません。

ただ、ネットで検索をすると、設定方法に関するページが多数ヒットしますし、中には画像付きで分かりやすく解説してくれているページなどもありますので、そこまで不安に感じる必要はないでしょう。

データ超過後の速度が遅い

容量を使い切ってしまった場合は、低速モードに移行します。

どの会社もこのような仕組みを採用しているのですが、ワイモバイルは他社に比べると、データ超過後の速度が遅いと言えます。

格安SIMの多くは、低速モードでも200kbps~300kbpsで通信できることが多いのですが、ワイモバイルの場合は128kbpsになります。

高速通信を続けたい場合は、500MBを500円で購入しなければなりませんので、計画的に利用することが大切です。

節約モードは無い

格安SIMサービスを提供している会社の中には、低速になる代わりにデータカウントがされない「節約モード」を搭載しているとこともあります。

ただ、ワイモバイルにはこのような節約モードがありませんので、データ上限をしっかりと確認し、計画的に利用していかなければなりません。

ただ、節約モードを利用すると、極端に速度が遅くなるケースもあり、

「節約モードは搭載されているが、一切使っていない」

という方も非常に多いです。

自分に合ったプランを選び、計画的に利用していけば、途中でデータが足りなくなるというトラブルを防ぐことができますので、これについてもあまり深く考える必要はないと言えます。

ワイモバイルが向いている方の特徴

ワイモバイルは、

  • 家族で乗り換えを検討している方
  • Yahoo!ショッピングやPayPayモールを利用する方
  • 低価格、高品質を実現したい方

におすすめです。

ワイモバイルの公式サイトでも気軽に契約を行えますし、公式サイト限定のキャンペーンを開催していることも多いため、よりお得に乗り換えたいと考えている方は、公式サイトをチェックしてみてください。

>>ワイモバイルの公式サイトはこちら

まとめ

ワイモバイルは、ソフトバンクの回線を使っている準キャリアです。

格安SIMやMVNOと言われることもありますが、厳密に言うと間違っています。

ソフトバンクの回線を使用しているため、安定した通信品質を保つことができ、尚且つ料金も本家と比べると下げられます。

他にも、割引や還元率アップなどの恩恵を受けられますので、スマホ料金が高いと悩んでいる方は、ぜひ乗り換えを検討してみてください。

-ワイモバイル