LINEMOって実際どうなのか、メリットやデメリット、料金を解説

LINEMO

LINEMOのメリットやデメリットを紹介?できないことをわかりやすく紹介!

格安SIMは、大手携帯電話会社よりもサービスが簡素化されていることがあります。

例えば、留守番電話など、大手携帯電話会社では当たり前だったサービスが、LINEMOでは、利用できません。

しかしながら、それ以上に3GBで990円は大変魅力的でしょう。

この記事では、LINEMOでできること、できないこと、メリットとデメリットを初心者の方にわかりやすく解説します。

LINEMO(ラインモ)とは

LINEMOラインモ

LINEMO(ラインモ)は、ソフトバンクが提供しているオンライン専用ブランドです。

2021年3月17日に登場した比較的新しいサービスです。

料金プラン

LINEMOの料金プランは以下の2つのみです。

データ容量月額(税込)
ミニプラン3GB990円
スマホプラン20GB2,728円

また、かけ放題プランも追加で選べます。

サービス内容月額(税込)
5分かけ放題1回5分の国内通話が無料(※)550円
無制限かけ放題24時間無制限で国内通話が無料1,650円
(※)5分以上の超過分は22円/30円の通話料がかかります。

LINEMOのメリット

では次に、LINEMOを利用するメリットについて、まずは料金がから見ていきましょう。

業界最安水準の料金プラン!3GBなら990円

他社と比較しても3GBで990円(税込)と安さがLINEMOの魅力でしょう。

格安SIM会社データ容量料金
LINEMO3GB990円
ワイモバイル3GB2,178円
OCNモバイルONE3GB990円
IIJmio4GB990円
楽天モバイル3GBまで1,078円
イオンモバイル3GB1,078円
BIGLOBEモバイル3GB1,320円
mineo5GB1,518円
UQモバイル3GB1,628円
ahamo20GB
(ahamo最安プラン)
2,970円

OCNモバイルは3GB990円、IIJmioは4GBは990円で、こちらも料金が安いです。

しかしながら、LINEMOの場合、料金の安さに加えて「LINEギガフリー」というOCNモバイルやIIJmioにはない、お得な特典があります。

LINE通話・チャットのデータ通信容量は消費しない「LINEギガフリー

LINEギガフリーというサービスは、LINEMOの代表的なメリットと言えます。

このサービスでは、LINEのトーク(チャット)やLINE通話のデータ通信容量の消費がノーカウントなので、使い放題ということになります。

  • LINEトーク(テキスト、音声メッセージ、スタンプ、画像、動画、ファイル送受信を含む)
  • LINEの音声通話、
  • LINEのビデオ通話
  • LINE VOOMの表示、投稿、シェア

なお、中には対象外もあり、以下の通りです。

対象外のサービス

  • トークでの位置情報の共有
  • ニュース記事詳細の閲覧
  • OpenChatの利用
  • 海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用

ポイント

ワイモバイルとはこの点が違う点です。LINEMOは、LINE通話が多い人に大きなメリットになります。

スマホプラン(月額2,728円)ならLINEスタンプが使い放題

LINEスタンプ プレミアム for LINEMOでは、スマホプランを契約した人が無料(通常480円)で使えます。

LINEスタンプ プレミアムとは

1,000万種類以上の対象スタンプ・絵文字が使い放題のサブスクリプションサービス。

  • ダウンロードしなくても、1,000万以上のスタンプが、キーボード入力中のおすすめに表示される
  • お気に入りスタンプは5つまで保存可能。好きなだけ入れ替えが可能

話し放題オプションも必要に応じて追加できる

LINEMOなら、1回5分以内の国内通話ができる「通話準定額」が550円

国内通話24時間が定額でできる「通話定額」が1,650円で追加できます。

利用回線はソフトバンク同等で5G高速通信にも対応

LINEMOは、ソフトバンクが提供するサービスであり、使用している回線もソフトバンクのものです。

これにより、高い通信品質の維持が可能になり、混雑時でも速度低下しにくくなっています。

大手キャリアの回線を借りている格安SIMは、お昼時や夜間に通信速度が遅くなったり、建物内に入ると速度が遅くなったりしますが、LINEMOではそのような心配を軽減することができますので、通信品質にこだわりたい方には最適と言えるでしょう。

また、高速通信が期待できる5G高速通信にも対応しています。

なお、5G高速通信には、5G通信対応のスマホ端末が必要で5G通信の対応エリアのみとなります。

ポイント

通信回線の安定性であれば、電波のつながりやすいプラチナバンドを使用しているため、ワイモバイルもLINEMOも問題なく使えるでしょう。

一方で、格安のプランで人気の楽天モバイルは、自社の楽天回線を使用。地下やビル内で電波がつながりにくいと声もあるようです。

データ容量を使い切っても1Mbpsで通信できる

LINEMOは、ミニプランであれば3GB、スマホプランであれば20GBと、毎月のデータ通信容量が決まっており、このデータ容量をオーバーしてしまうと、「速度制限」の対象になります。

ただし、LINEMOのスマホプランの場合、20GBを使い切ってしまったとしても、最大1Mbpsという速度で使えます。

データ容量を使い切った後の通信速度制限

ミニプラン 3GB 990円300kbps
スマホプラン 20GB 2,728円1Mbps

1Mbpsあれば、

  • メール
  • SNS
  • 動画再生(低画質)

なども、問題なく行うことができますので、通信制限中のストレスを軽減しやすくなるのです。

ただし、アプリのダウンロードなどにはかなりの時間がかかることが予想されますので、Wi-Fi環境下で行うか、速度制限が解除されるまで待った方が良いでしょう。

なお、ミニプランでの即制限は、300kbpsです。これは、快適とは言えない速度ですので、残容量を確認したうえで、上手に利用していきましょう。

物理SIMカードが不要な「eSIM」に対応 

LINEMOは、eSIM(イーシム)にも対応しています。

ポイント

eSIMとは、従来のような物理的なSIMカードをスマホ端末に挿入する必要がなく、契約したあと設定をすることで、すぐにその場で使えるようになるデジタル的なSIM。

なお、eSIMを利用するには、eSIM対応のスマホ端末が必要になります。

eSIMがあれば、従来のようにSIMカードが自宅に郵送されるのを待つ必要が無く、申し込みしたその日に、乗り換えが完了することが可能です。

ソフトバンクまとめて支払いに対応

LINEMOは、ソフトバンクまとめて支払いにも対応しています。

スマートフォンで購入したデジタルコンテンツやショッピングの代金を、月々の利用料金と合わせて、まとめて支払うことができます。

また、PayPay残高にチャージすることも可能。PayPayであれば、よりいっそう買い物が便利になります。

ポイント

クレジットカードを持っていない人にとっては、大きなメリットになるでしょう。

解約金0円、最低料金期間無し、MNP転出手数料も0円

LINEMOでは、利用期間の縛りや違約金のシステムが一切ありませんので、好きなタイミングで自由に解約することができます。

LINEMOなら安心の料金体制

「LINEMOは格安すぎて、ちゃんと使えるのか?」と不安という方でも安心の料金体制です。

最初の契約事務手数料は0円。

最低利用期間は無しで、もしもすぐ解約しても、契約解除料もMNP転出手数料0円です。

LINEMOの基本情報は以下のとおりです。

名称LINEMO(ラインモ)
料金プラン(税込)・ミニプラン 3GB: 990円
ミニプランは6カ月実質0円のキャンペーン中!
PayPayポイント990円相当、最大6カ月間毎月進呈

・スマホプラン 20GB:2,728円
初期費用(事務手数料)0円
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ソフトバンク回線

口座振替やデビットカード支払いにも対応

LINEMOは、支払い方法の豊富さも魅力。

クレジットカードはもちろん、口座振替、デビットカードでも支払え、PayPayでも支払うことができます。

ポイント

ワイモバイルもLINEMOでもデビットカードを使えますが、楽天モバイルでは、楽天銀行デビットカードなどでしか、支払いができません。

また、UQモバイル、IIJmioにおいては、デビットカードの支払いができません。

キャンペーンも豊富にある

LINEMOのキャンペーンは以下の通りです。

■ PayPayポイント990円相当を6カ月間毎月プレゼント
・ミニプランが6カ月間、基本月額料金が実質無料
【適用条件】
・「ミニプラン3G月額990円(税込)」を新規契約、または他社からの乗り換えの場合
・ソフトバンク、ワイモバイルからの乗換は対象外
・スマホプランは対象外
【開催期間】:2022年5月20日(金)~終了日未定

通話オプション割引キャンペーン
・5分以内の国内通話が無料になる「通話準定額」550円(税込)が1年間無料で利用できる
・また、通話時間・回数が無制限で、国内通話がかけ放題の「通話定額」1,650円(税込)が1年間1,100円(税込)で利用できる
【適用条件】
「通話準定額」または「通話定額」へのお申し込みすることで適用
【開催期間】:2021年3月17日(水)~終了日未定

LINE MUSIC 6ヶ月間無料キャンペーン
・音楽サブスク「LINE MUSIC (ラインミュージック)」約8,500万曲が聴き放題
【適用条件】
・LINEMOのミニプランか、スマホプランを契約し、LINE MUSICに登録加入
・LINE MUSICの支払い方法を「ソフトバンクまとめて支払い」にすることで適用
【開催期間】:2021年11月17日~終了日未定

>>LINEMOの公式サイトはこちら

LINEMOのデメリット

ここまで多くのメリットについて解説してきましたが、LINEMOにもデメリットがあります。

店舗での申し込みはできない

冒頭でも解説したように、LINEMOはあくまでもオンライン専用の新料金プランとなりますので、店舗でのサポートは行ってもらえません。

Webから自分で調べて申し込めるという方には特に問題ないでしょう。

店舗でのサポートは受けられない

LINEMOでは店舗でのサポートは受けられません。

すべてチャット、もしくは電話でのサポートになります。

店舗での対面でサポートがないと不安、という方にはおすすめできません。

ポイント

ワイモバイルやUQモバイルでは、店舗サポートが受けられます。

データの繰り越しができない

LINEMOにはその月に余ったデータを次の月への繰り越しがありません。

ポイント

ワイモバイルやUQモバイルでは、データの繰り越しができます。

Yahoo!プレミアムの特典はない

ソフトバンクグループのLINEMOですが、ソフトバンクやワイモバイルの特典として使える「Yahoo!プレミアム」が無料で利用できません。

スマホ端末をLINEMOでセット購入できない

LINEMOは、SIMカード、eSIMのみの契約ができるだけで、端末をセットで購入できません。

ソフトバンクを利用している方であれば、SIMロック解除せずに乗り換えることができるのですが、ソフトバンク以外のキャリアから乗り換える場合は、

  • SIMロックを解除する
  • SIMフリーの端末を新たに購入する

上記どちらかの方法で対処する必要がありますので注意が必要です。

また、一部LINEMOに対応していない端末も存在していますので、乗り換えを検討している方は「動作確認端末」ページをしっかり確認しておいてください。

ポイント

ワイモバイルではスマホ端末がセットで購入できます。ただし、最新iPhoneは扱っておりません。

電話オプションが使えない

LINEMOは、

  • キャリアメール
  • 留守番電話
  • 転送電話

などのサービスが利用できません。

留守番電話や転送電話については、そこまで使用頻度が高くないと思いますので問題ないでしょう。

ただ、キャリアメールアドレスについては利用している方も多いのではないでしょうか。

いきなり使えなくなってしまうと様々なトラブルの原因になってしまいますので、LINEMOへの乗り換えを検討している方は、早めにGmailやヤフーメールなどのフリーメールアドレスを取得しておいてください。

ポイント

普段、LINE通話が多い人には、留守番電話や転送電話が使えなくても、あまり関係がないかもしれません。

>>LINEMOの公式サイトはこちら

ワイモバイルや楽天モバイルと比較

LINEMOを検討している方の中には、ワイモバイルや楽天モバイルと比較している人もいるでしょう。

下記の表にそれぞれを比較しています。

LINEMOワイモバイル楽天モバイル
おすすめユーザーとにかく安い料金にしたい料金も使用データ容量もバランスよく!データ無制限にも対応
最安プラン
(データ容量)
(税込)
ミニプラン
(3GB)
990円
シンプルS
(3GB)
2,178円
(0~3GB)
1,078円
大容量プラン
(データ容量)
(税込)
スマホプラン
(20GB)
2,728円
シンプルL
(25GB)
4,158円
20GB~無制限
3,278円
LINEギガフリーありなしなし
LINEスタンプ使い放題あり
(スマホプランに付帯)
なしなし
Yahoo!プレミアムなしありなし
LINEMOワイモバイル楽天モバイル
通話料22円/30秒22円/30秒22円/30秒
24時間話し放題(※)1,650円1,870円無料
(毎回専用アプリ使用必須)
留守番電話なし有料オプション無料
家族割なしありなし
店舗サポートなしありあり
端末セット購入なしあり
(最新iPhoneなし)
あり
(最新iPhoneあり)

(※)国内通話に限ります

LINEMOが向いている方の特徴

LINEMOは、

  • LINEの使用頻度が高い方
  • 毎月のデータ容量が3GBから20GBの間で収まる方
  • 20GB以上のデータ通信容量、データ無制限が不要な方
  • オンラインでの手続きを問題なく行える方
  • 家族割が不要な人
  • 留守番電話、転送電話が不要な人

におすすめです。

20代や30代であれば、オンラインでの手続きや問い合わせも問題なく行えると思いますので、スマホ料金をグッと引き下げるためにも、LINEMOへの乗り換えを検討してみてください。

>>LINEMOの公式サイトはこちら

LINEMOのまとめ

LINEMOは、ソフトバンクが提供しているオンライン専用の新料金プランです。

ソフトバンクの回線を使用しているため、安定した通信を維持しやすく、ストレスフリーでスマホを利用したいと考えている方にも最適と言えます。

LINEMOの契約手続きは、全てオンラインで行う形となりますが、決して難しくありませんので、興味がある方は公式サイトから申し込みをしてみてください。

もう一度、LINEMOのメリットを見たい場合は「LINEMOのメリット」を見てください。

-LINEMO
-, ,