ビッグローブモバイル

radikoのデータ通信量を節約する3つの方法を紹介!

radiko(ラジコ)はスマホでラジオを無料で聴ける人気のアプリ。

しかし、屋外にスマホを持ち出してradikoを聴くとスマホのデータ通信量を消費します。

そこで今回はradikoのデータ通信量を節約する方法を紹介します。

radiko(ラジコ)とは?

radiko(ラジコ)は、携帯スマホ端末やパソコンやタブレットで、ラジオ(AM、FM)を無料で聴けるアプリです。

電車での移動中や仕事中、あるいは入浴中、寝る前に好きな時にラジオを聴けるとあって若い人から高齢者まで利用者がいます。また、インターネット回線を利用しているため、電波障害が起きやすい地域でも快適に利用できるでしょう。

radikoの便利な機能では、過去1週間以内に放送された番組を後から聴ける「タイムフリー」があります。これがあれば、うっかり聞き逃したラジオ番組を後で聴けます。

radikoアプリは会員登録不要で、基本的には無料で利用できますが、radikoプレミアム会員(月額385円)になると、「エリアフリー」という機能が使え、全国の放送局を聴けます。地方に住んでいる人が首都圏、東京エリアで放送されているラジオ番組を聴くことも可能です。

radikoでは、NHK第2 (語学、高校講座、教育番組など)を聴けません。NHKラジオの無料アプリ「NHKラジオ らじる らじる」で聴けます。

あわせて、「NHKラジオ らじる らじるのデータ通信量の節約する方法」の記事もご覧ください。

radiko(ラジコ)のデータ通信量の総累計

radiko(ラジコ)は、オンラインでラジオをストリーミングするサービスなので、その再生には、データ通信量を使用します。

実際に、ラジコを使用した場合、どのくらいデータ通信量を使用するのでしょうか。

radiko公式サイトでは以下のように説明しています。

一般的なスマートフォンアプリで2時間連続で番組を再生した場合、約81MBの通信量を消費します。

引用元:radiko公式サイト 「radikoで番組を聴くのにデータ通信費(パケット通信料)はかかりますか?また、どれぐらいの通信量ですか?」

これをもとにデータ通信量の総累計を計算してみました。

利用時間消費するデータ通信量
10分6MB
15分10MB
30分20MB
1時間40MB
2時間81MB
3時間123MB
10時間410MB
20時間820MB

データ通信容量から考えると1GBのデータ通信容量なら24時間聴けます。

データ通信の単位は以下の通りです。
1GB=1,000MB
0.1GB=100MB

radiko(ラジコ)のデータ通信量を節約する3つの方法

radiko(ラジコ)のデータ通信量を節約する3つの方法を紹介します。

  • スマホの設定でWi-Fi接続時だけradikoを利用する
  • Wi-Fiの環境で聴く
  • radikoを聴いてもデータ容量が消費しない格安SIMに乗り換える

1 スマホの設定でWi-Fi接続時だけradikoを利用する

スマホの設定をWi-Fi接続しているときだけ、radikoを利用するようにすれば、データ容量を消費することはありません。ただし、この設定をすると、Wi-Fi接続されていないときにはradikoを聴けません

iPhoneの場合の設定
設定 > モバイル通信 > (画面をスクロールして)radiko の ボタンをオフにする

Androidの場合の設定
設定 > アプリ > アプリを管理 > (画面をスクロールして)radiko を選択 > データ使用量を制限する > 「モバイルデータ」のチェックをはずす

2 Wi-Fiの環境で聴く

ラジコのデータ通信量を節約するには、Wi-Fiがおすすめです。

ラジコには、ダウンロード機能がなく、事前にWi-Fi環境でダウンロードして後から聴くということができません。

そのため、Wi-Fi環境のあるお店や、自宅のWi-Fi環境で使用するのがおすすめです。

3 radikoを聴いてもデータ容量が消費しない携帯電話「格安SIM」に乗り換える

携帯電話のなかには、格安SIMと呼ばれる通信サービスがあります。

従来のドコモ、au、ソフトバンクから通信回線を利用して格安の料金プランを提供しています。

数ある格安SIMの中からradikoを聴いてデータ容量が消費しない会社を紹介します。

ビッグローブモバイル

BIGLOBEモバイル(ビッグローブモバイル)のロゴ
>>BIGLOBEモバイルの公式サイトはこちら
名称BIGLOBEモバイル(ビッグローブモバイル)
料金プラン(税込)・プランS 1GB:1,078円
・プランR 3GB:1,320円
・プランM 6GB:1,870円
初期費用(事務手数料)3,300円(税込)
SIMカード発行手数料433円(税込)
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ドコモ回線、au回線

ビッグローブモバイルには、エンタメフリー・オプションがあります。

エンタメフリー・オプションは、対象アプリのデータ通信量の消費をゼロにするオプションサービスで、radikoも対象となっています。

OCNモバイル

OCNモバイルONEのロゴ
>>OCNモバイル ONEの公式サイトはこちら
名称OCNモバイル ONE
料金プラン(税込)・0.5GB:550円
・1GB:770円
・3GB:1,200円
初期費用(事務手数料)3,300円(税込)
SIMカード発行手数料433.4円(税込)
解約違約金0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料無料
利用通信回線ドコモ回線
キャンペーン人気のスマホSALE
iPhone SE (第3世代) 64GB 分割24回:月1,650円~
iPhone 13 128GB 分割24回:月3,941円~
AQUOS sense7 一括:29,700円
期間:2023年1月13日(金)~2023/2/26(月) AM11:00まで

最大5,495円キャッシュバックキャンペーン
公式サイトにてオンライン申し込み、音声対応SIMの契約、他社から乗り換え(MNP)、キャンペーンのエントリー のすべてに該当する方のみ
期間:2022年12月15日(木)~2023年2月28日(火)

キャンペーンの詳細は公式サイトで確認!
>>OCNモバイル ONEの公式サイトはこちら

OCNモバイルはNTTグループの格安SIMです。

節約モードを利用することで、radikoを聴いてもデータ容量を一切消費しません。

料金プランも550円~なので、かなり料金を抑えられます。これならradiko専用機としてスマホを持っても経済的な負担を最小限に抑えられます。

UQモバイル

UQモバイルのロゴ
>>UQモバイルの公式サイトはこちら
名称UQモバイル
料金プラン(税込)・くりこしプランS 3GB:
1,628円
・くりこしプランM 15GB:
2,728円
・くりこしプランL 25GB:
3,828円
初期費用(事務手数料)3,300円(税込)
SIMカード発行手数料0円
解約違約金0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線au回線
キャンペーン最大13,000円相当 au Pay残高還元 (他社から乗り換えMNP)
乗り換えMNP、eSIM利用、増量オプションⅡに加入のすべての条件を満たす
期間:~終了日未定

最大5,000円相当 au PAY 残高還元 (新規契約)
指定の機種、新規契約のすべての条件を満たす
期間:~終了日未定

キャンペーンの詳細は公式サイトで確認!
>>UQモバイルの公式サイトはこちら

UQモバイルは、KDDIグループの格安SIMです。

通信速度には定評があり、格安SIMの中で一番速いという声もあります。

UQモバイルには、節約モードがあり、これを使うことで、radikoをどれだけ聴いてもデータ容量が消費しません。

radiko(ラジコ)のデータ通信量まとめ

ラジコは、ダウンロード機能がないため、モバイル通信をすると、データ通信量を消費します。

基本的には、データ通信容量を消費しないWi-Fi環境で使用するのがおすすめです。

また、格安SIMなどを契約して、データ通信容量が消費しないサービスを利用することもおすすめです。

  • この記事を書いた人

格安スマホぴったり会議 編集長

スマホはiPhone SE2を利用。今まで、ソフトバンク、au、BIGLOBEモバイル、UQモバイル、OCNモバイルの契約、MNP乗り換えを経験。家族からのスマホに関しての質問にも細かく答えている日々を過ごす。

-ビッグローブモバイル
-