一番安いスマホのプランって一体いくら?タイプ別3パターンの一番安いプランを解説!!

一番安いスマホのプランって一体いくら

「格安スマホにそろそろしたいと思っているけど、とにかくその中でも一番安いのはどれだろう?」と考えているところでしょう。あなたにとって一番安いとは?

ズバリ、スマホの「使い方」によって「一番安い料金プランは違う」のです。

そこで今回はあなたにぴったりな格安スマホをタイプ別に紹介していきたいと思います。「料金を抑えたいけど使いにくいのは嫌だ!!」と考えている人にもおすすめなプランもあります。ぜひ最後まで読んでいってください。

目次

3タイプ別のおすすめプラン

あなたは普段どのようにスマホを使っていますか?

スマホは老若男女使っていることもあり、使い方は様々です。

そのため人によっては使い切れない通信量を契約していたり、不要なオプションがついていることがあります。そこであなたのスマホの使い方をタイプ別に3タイプに分類してみます。

  • タイプ1 普段からそこまで使わない、連絡が来たら返せる程度で大丈夫。

「家族・友達から連絡が来たら返信する、LINEが使えればそれで大丈夫。」といったようにスマホを使っているけど、ほとんど携帯電話と同じ使い方をしている人が当てはまります。

ただやっぱりスマホじゃないとLINEが使えなかったり、周りの目が気になるといった理由でスマホを使っているタイプです。

  • タイプ2 スマホは使うけどSNSが中心、特定のアプリだけたくさん使う。

スマホはよく使うけどSNSが中心、たまに他のアプリもという使い方をしている人が当てはまります。

通信量は結構使うけど特定のアプリばかりに使うので、工夫次第では一番安くなるタイプです。

  • タイプ3 SNSに動画再生、ニュースやまとめサイトなど毎日たくさんスマホを使う。

通勤時や仕事の休憩中、自宅や友達の家などでもスマホを使っていて、使い方も日によって変わるという人が当てはまります。

普段から通信量が多いため、格安スマホに乗り換えるのもためらいがちです。しかし調べてみると格安スマホでも問題なかったりするタイプです。

ではこの3タイプについて一番安いスマホの料金がいくらなのかを解説していきます。

タイプ1 とにかく安くスマホを使いたい 

最初はとにかく安くスマホを使いたい人向けの解説をします。

スマホに求める条件の設定

スマホ本体は新規購入、家族割りや同時契約による割引などは適用外とする。通信量や機種に関しては特にこだわりがないものとして考える。

実際に調べてみた結果

結果として2023年7月時点で一番安いプランを発表します。

会社名 irumo(イルモ)

回線 docomo

これは業界でも断トツの安さです。

理由として機種代がキャンペーンで1円なのが大きいです。同時契約等もありませんので、2台目としての契約にもおすすめです。

タイプ2 SNSをたくさん使いたい

次はとにかくSNSをたくさん使いたい人向けの解説をします。

スマホに求める条件の設定

スマホ本体は新規購入、家族割りや同時契約による割引などは適用外とする。

通信量は3GB、またSNSの通信はカウントフリーとなるオプションをつける、 通話オプションや機種に関しては特にこだわりがないものとして考える。

実際に調べてみた結果

会社名 LINEMO

回線 ソフトバンク

機種 HUAWEI nova lite 3

プラン ベーシックプラン3GB+SNS音楽データフリー

料金 月額990円(税込)

名称LINEMO(ラインモ)
料金プラン(税込)・ミニプラン 3GB: 990円
・スマホプラン 20GB:2,728円
余ったデータの翌月くりこしなし
契約事務契約手数料0円
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ソフトバンク回線

■ PayPayポイントあげちゃうキャンペーン
PayPayポイントをプレゼント
他社から乗り換え(MNP):10,000円相当
新規契約:3,000円相当
期間:2021/6/5(土) ~ 終了日未定

キャンペーンの詳細は公式サイトで確認!

\最大12ヵ月実質0円/

契約期間に縛りなし!解約手数料もなし!

タイプ3 月に20GBぐらい使いたい

最後は月20GBぐらい使うヘビーユーザーの人向けの解説をします。

スマホに求める条件の設定

スマホ本体は新規購入、家族割りや同時契約による割引などは適用外とする。

通信量は20GB、高速通信(動画の再生がスムーズにできる)、通話オプションや機種に関しては特にこだわりがないものとして考える。

実際に調べてみた結果

結果として2020年3月10日時点で一番安いプランを発表します。

会社名 mineo

回線 au

機種 ZenFone Max(M1)

プラン Aプラン デュアルタイプ 20GB、オプションは特になし

料金 月額5,410円(税抜) ※別途初期費用3,400円(税抜)が必要

auで同じプランを組もうとした場合、機種代含まずに月額7,880円(税抜)かかります。

それに比べると機種代含んで月額5,410円(税抜)はお得なことが分かります。

名称mineo(マイネオ)
マイピタ
料金プラン
(税込)
・1GB:1,298円
・5GB:1,518円
・10GB:1,958円
・20GB:2,178円
マイそく
料金プラン
(税込)
・最大速度 300kbps:660円
・最大速度 1.5Mbps:990円
・最大速度 3Mbps:2,200円
(※)速度は一定になる代わりに、データ通信が使い放題
(※)月~金のお昼12時台は32kbpsと低速になります
余ったデータの翌月くりこしあり 
初期費用(事務手数料)3,300円(税込)
SIMカード発行手数料440円(税込)
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線

\ドコモ、au、ソフトバンクに対応/

契約期間の縛り無しで解約手数料も無し!

まとめ

まとめとして格安スマホをうまく選ぶことで料金を非常に安くできることが分かります。

うまくやれば料金が半額以下になることもあるので、興味がある人はぜひとも乗り換えてみてください。

あなたのスマホ選びのお役立にたてると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次