ワイモバイル

PayPayカードをワイモバイルの支払いに使うと得する?ポイントが貯まるのかを検証!

普段、PayPayカードをよく使っている人が携帯電話をワイモバイルに乗り換えしたら、どれくらい得か?

ワイモバイルって他の携帯電話とどう違う?

ワイモバイルの特典を知りたい、という人に向けて情報をまとめました。

PayPayカードをワイモバイルで使うとポイントが貯まりやすい

PayPayカードをワイモバイルで使う場合、特別な特典はありません。

しかし、PayPayカードとワイモバイルを使うことで、ポイント効率よく貯められます。

なお、PayPayカードを使うと、PayPayポイントが貯まり、有効期限はありませんのでずっと貯められます。

PayPayカードの基本情報をおさらい

クレジットカードである「PayPayカード」のサービスを提供しているのは、PayPayカード株式会社で、ソフトバンクのグループ会社です。

以前までは、Yahoo!Japanカードでしたが、名称を変更したという経緯があります。

PayPayカード基本情報

年会費永年無料
ポイント名PayPayポイント
ポイント還元率通常1%
申し込み資格18歳以上の方(高校生は不可)
Apple Pay可能
発行スピード1週間前後
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
旅行傷害保険なし
ETCカードETCカード年会費550円
家族カード無料

PayPayカードでは、通常利用で100円につき1ポイントの「PayPayポイント」が貯まります。つまり、ポイント還元率は1%と高還元率のクレジットカードと言えます。(多くのクレジットカードでは還元率が0.5%)

PayPayカードは、入会金やカード発行手数料、事務手数料、解約手数料はすべて無料。仮に使わなくても、ペナルティも発生しませんので、安心して申し込みできます。

PayPayカードは、以前Yahoo!Japanカードという名称で、貯まるポイントは「Tポイント」でしたが、現在はTポイントではないことに注意してください。

なお、申し込みの時期によっては条件を満たすことで、7,000円相当のPayPayポイントが入会キャンペーンとしてもらえることがありますので、ぜひチェックしてください。

条件としては、「申込月を含む2カ月目の末日までに3回の利用」があります。金額の条件はありませんので、極端にいうと1円の買い物でも1回となります。つまり条件を満たすのは簡単にできるでしょう。

あわせてPayPayカードの公式サイトもご覧ください。

PayPayカードのデメリット

PayPayカードのデメリットとしては、ETCカードを利用する場合、年会費が550円かかります。

ETCカードの年会費は無料で使いたい人は、セゾンカードやエポスカードを検討したほうがよいでしょう。なお、クレジットカードを複数枚持つこともできますので、通常はPayPayカードを利用して、ETCカードは別のカードを利用するということも可能です。

「PayPay」の利用の際にもPayPayカード!

スマホのQRコード決済として知られる「PayPay」は、PayPayカードと組み合わせることで、お得に利用できます。

  • PayPayの「クレジットカード払い」でPayPayカードを選択すると、還元率が1.5%になります。(他のカードは0%)
  • PayPay残高へのチャージが可能。(他のカードはPayPay残高へチャージ不可)

ワイモバイルはどんな携帯電話?

ワイモバイルは、携帯電話のソフトバンクのサブブランドの格安SIM(MVNO)です。

そのため、ワイモバイルの利用回線はソフトバンクになります。

名称ワイモバイル
料金プラン(税込)・シンプルS 3GB :2,178円
・シンプルM 15GB:3,278円
・シンプルL 25GB :4,158円
初期費用(事務手数料)0円(※)
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ソフトバンク回線
キャンペーン・オンラインストアでSIMカード/eSIMご契約でPayPayポイントプレゼント
PayPayポイント最大11,000円相当プレゼント(条件あり)
期間:~2023年3月31日9:59まで

・データ増量無料キャンペーン2
初めて「データ増量オプション」申し込みで月額料(550円/月)が1年間無料
シンプルS 3GB + 2GB=合計5GB
シンプルM 15GB + 5GB=合計20GB
シンプルL 25GB + 5GB=合計30GB
期間:~終了日未定

キャンペーンの詳細は公式サイトで確認!
>>ワイモバイルの公式サイトはこちら

(※)オンラインストアで手続きをする場合は事務手数料が0円。店舗での契約は3,300円(税込)かかります。

なお、家族で入ると2回線目以降、各料金プランから1,188円が割引されますので、1回線目の料金はそのままですが、2回線目以降はシンプルSが990円、シンプルMは2,090円、シンプルLは2,970円になります。

現在、キャンペーン中で、増量オプション(通常は月額550円(税込))に加入した場合、1年間無料でシンプルSの3GB→5GB、シンプルMの15GB→20GB、シンプルLの25GB→30GBになります。

そのほか、ワイモバイルの人気の理由としては、キャリメールが無料で使えます。

また、キャンペーン期間にはスマホ端末が割引で購入できます。

そのほか、ワイモバイルのサービス内容を紹介した記事もあわせてご覧ください。

>>ワイモバイルの公式サイトはこちら

PayPayカードとワイモバイルの組み合わせるメリット

ここからはPayPayカードとワイモバイルでどれくらいお得になるかを解説します。

PayPayカードの基本のポイント還元率は1%

先ほどもお伝えしたとおり、PayPayカードのポイント還元率は1%です。

カードを100円利用するごとに1PayPayポイントが貯まります。

PayPayカードのポイント還元率を3%する方法

PayPayカードを以下で利用すると、ポイント還元率が3%に跳ね上がります

  • Yahoo!ショッピング
  • LOHACO(ロハコ)

なお、Yahoo!ショッピングではさまざまな商品が販売されています。

CD、DVD、本、インテリア、日用品、文具、ゲーム、おもちゃ、楽器、手芸、家電、スマホ、カメラ、スポーツ アウトドア、ファッションなどです。

一方、LOHACO(ロハコ)Yahoo!ショッピングとほぼ同じ商品を扱っていますので、特にこだわりがなければ、Yahoo!ショッピングを利用すればよいでしょう。

ただし、LOHACOでは、「くらしになじむ」をテーマにした ロハコ限定商品を販売しているので、気になる場合は、チェックしてください。

なお、PayPayモールはPayPayカードでの3%は対象外です。

PayPayカードさらに「5のつく日」なら最大+4%

毎月5日、15日、25日なら最大で4%が加算されます。

なお、利用する前にYahoo!ショッピング、およびLOHACOで「エントリー」ボタンを押す必要がありますので忘れないようにしましょう。

PayPayカードは、Apple Pay対応。タッチ決済にも対応

PayPayカードはApple Payにしっかりと対応、iPhoneがあれば、スマホ決済ができ、Apple Watchにも対応しています。レジでの会計も素早く支払いができ、駅の改札でも非接触で通過できるので、とても便利です。

なお、2022年11月現在、PayPayカードはGoogle Payには対応していませんので、注意してください。

ワイモバイルは、Yahoo!プレミアム会員は無料で利用できる

Yahoo!プレミアムとは、月額508円(税込)でさまざまな特典が利用できるサービスです。そして、ワイモバイルでは、Yahoo!プレミアムの特典が無料になります。

Yahoo!プレミアム会員の特典内容(一部)

  • 雑誌・マンガが読み放題
  • ゾゾタウンの送料が250円オフ
  • ヤフーショッピングで還元率+2%
  • LOHACOでポイント還元率+2%
  • バスケットボールプロリーグBリーグ全試合見放題
  • パリーグの試合が見放題
  • ヤフオク!の出品時の落札手数料がお得
  • Yahoo!かんたんバックアップの容量無制限
  • Yahoo!ショッピングでの補償サービス

ワイモバイルのEnjoyパックは有料でも加入がお得

ワイモバイルには、Enjoyパックというサービスが月額550円(税込)で提供しています。有料ですが、Yahoo!ショッピングを使う人なら、加入をぜひ検討してみましょう。なぜなら、月額の料金以上の価値があるからです。

Enjoyパックの3つの特典

  • いつでも+5%(ほかの加算の特典を加えると最大12%が可能)
  • Yahoo!ショッピングで使える500円オフクーポン
  • ワイモバイルのデータ通信容量を0.5GBプレゼント

なお、0.5GBは追加購入すると550円かかります。Yahoo!ショッピングで使える500円と合わせると、1,050円の価値になり、Enjoyパック月額550円(税込)を上回る利用価値があります。

以上が、PayPayカードとワイモバイルを利用する際の主な特典内容になります。

知っておきたいポイント

PayPayカードを使ってワイモバイルを支払う際には、

カードのご利用明細の表示はワイモバイル以外もある

引き落とし日のタイムラグを理解した上でいざクレジットカードのご利用明細を見ると、「ワイモバイル」の文字が載っていない!引き落としされていない?!と思う事があるかもしれません。

ワイモバイルの支払いは、クレジットカードのご利用明細には次の通りです。

  • ソフトバンクM
  • ワイモバイルE
  • ワイモバイルW

「ソフトバンクM」はソフトバンクが提供するスマホなどのサービスの請求に使われるため、ワイモバイルの支払いも「ソフトバンクM」で表示される事があります。

家族名義のクレジットカードも使える

家族みんながワイモバイルを使うときには、お父さんの名義のクレジットカードを使って、子供のワイモバイルの料金を支払うことも考えられます。

ワイモバイルでは、家族名義のクレジットカードでも支払うことができます。

PayPayカード以外でもワイモバイルの支払いは可能

ワイモバイルの支払いは、PayPayカードが一番お得ですが、PayPayカードでなくても、ほとんどのクレジットカードで支払いができます。

ワイモバイルへの支払いができるクレジットカード

・PayPayカード
・Visa、Mastercard、JCB、American Express、DinersClub
・UC、MUFGカード、DC、UFJカード、NICOS、三井住友カード
・イオンクレジットサービス、オリコ、OMC、CF、Cedyna、ライフカード、TSキュービック、楽天カード
・ジャックス、ポケットカード

実際の支払い日はいつになる?

ワイモバイルの締め日は毎月月末です。

例えば、支払いをJCBカードにしている場合、「毎月15日締め・翌月10日払い」です。

7/1~7/31までのワイモバイルの料金が8/15に締められ、9/10に支払い(引き落とし)される事になります。

締め日・支払い日はカード会社によって違うので、自分が使うカード会社の物を確認しておきましょう。

まとめ

ワイモバイルとPayPayカードについて述べてきました。

Yahoo!ショッピングで買い物をする人なら、ワイモバイルとPayPayカードの組み合わせでポイントが効率よく貯められます。

ポイントやキャンペーンなどお得な情報も調べながら、自分の生活スタイルに合ったやり方を見つけて下さいね。

  • この記事を書いた人

格安スマホぴったり会議 編集長

スマホはiPhone SE2を利用。今まで、ソフトバンク、au、BIGLOBEモバイル、UQモバイル、OCNモバイルの契約、MNP乗り換えを経験。家族からのスマホに関しての質問にも細かく答えている日々を過ごす。

-ワイモバイル