LINEMOの5つの料金支払い方法を紹介!クレジットカード以外の選択肢も解説します

LINEMOの料金の支払い方法

LINEMOに乗り換えたいけど、「クレジットカード払い以外には何で支払える?」と疑問を抱えていませんか?

実はLINEMOではクレジットカードに加え、デビットカード、口座振替、だけでなく、Visa LINE Payプリペイドカードでも支払えて、PayPay残高でも一部支払えます。

それぞれのメリット&デメリット、そしておすすめの支払い方法について解説します。

目次

LINEMOの5つの支払い方法

LINEMO(ラインモ)のロゴ

\最大12ヵ月実質0円/

契約期間に縛りなし!解約手数料もなし!

LINEMOには次の支払い方法があります。

  1. クレジットカード
  2. デビットカード
  3. 口座振替
  4. Visa LINE Payプリペイドカード
  5. PayPay残高(一部の料金のみ可能)

クレジットカード

クレジットカードでの支払いは、支払いの滞りのリスクが少ないだけでなく、カード会社によるポイント還元制度により、毎月の携帯料金支払いが実質的に割引される可能性があります。

例えば、1%の還元率を持つクレジットカードを使用すると、月々の携帯料金が1%割引されるのと同じ効果があります。

具体的には、楽天カードがあります。

楽天カード

年会費無料
基本ポイント還元率1.0%
最大ポイント還元率楽天スーパーセール
指定店舗で
ポイント10倍以上
国際ブランドVisa
Mastercard
JCB
American Express

LINEMOで対応しているクレジットカード

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

つまり、通常のクレジットカードであれば、そのカードで支払うことができます。

クレジットカードで支払う場合は、LINEMOの契約者とクレジットカードの名義が同一人物でなければ審査に落ちてしまい、契約できません。

例えば、クレジットカードの名義が田中太郎であれば、LINEMOの契約者も田中太郎でなければなりません。

クレジットカードのメリット・デメリット

メリット  すぐに契約できる&クレジットカードのポイントが貯まる

デメリット 持っていない場合は、申し込む必要がある

デビットカード

デビットカードを使用すると、購入時に直接銀行口座から引き落とされるため、後での支払いを忘れる心配がありません。

また、クレジットカードを持っていないユーザーでも、Visa、Mastercard、JCBのマークがついているデビットカードがあれば、LINEMOの料金を支払うことができます。

なお、J-Debitは支払いには使えません。

口座振替

口座振替は、毎月のLINEMOの料金を自動的に銀行口座から引き落とす方法です。

これにより、支払い忘れによる遅延や滞納はなくなるでしょう。

また、口座振替は、口座の残高が十分にあれば、支払い日を気にする必要がありません。

ただし、口座振替の設定には、最初に口座振替の設定を行う必要があり、口座振替での支払いが始まるまで1ヶ月ほどかかることがあります。

Visa LINE Payプリペイドカード

Visa LINE Payプリペイドカードは、銀行口座などからお金をチャージして利用するプリペイドカードです。無料で発行でき、年会費も無料です。

プリペイドカードですが、クレジットカードと同様に16桁のカード番号とセキュリティコードが記載されています。

このカード番号とセキュリティコードをLINEMOの申し込み時に入力することで、クレジットカードと同様の扱いになってLINEMOを契約することができます。

現在、LINE Pay カードの新規発行受付は終了しています。
Visa LINE Payプリペイドカードであれば、新規で発行できます。
Visa LINE Payプリペイドカードの公式サイトはこちら

PayPay残高

PayPay残高でも支払えます。

ただし、消費税などの一部はPayPay残高でも支払えません。つまり全額をPayPay残高で支払いができません。

残りの金額はクレジットカード等で支払います。

LINEMOでできない支払い方法

  • コンビニ払い
  • 店頭窓口支払い
  • LINE Pay
  • J-Debit

現在、LINEMOでは、LINE Payはできません(LINEMOの前身であるLINEモバイルでは可能でした)。

これはオンラインショッピングやQRコード決済などで使用できる、いわゆるキャッシュレス決済(スマホ決済)です。

それぞれの締め日、請求日、引き落とし日はいつ?

LINEMOの締め日は月末

下の表にそれぞれまとめてみました。支払い方法によっては引き落とし日に違いがあるのでそれぞれ解説していきます!

締め日請求日引き落とし日
クレジットカード月末翌月5日クレジットカードの引き落とし日
(2ヶ月遅れでの引き落とし)
口座振替月末翌月5日翌月26日頃に引き落とし
Visa LINE Payプリペイドカード月末翌月5日請求日と同日に引き落とし

クレジットカード

1. 月末に締め日

2. LINEMOが翌月5日にクレジット会社に請求(クレジット会社がLINEMOに支払う)

3. クレジット会社の引き落とし日に請求代金があなたの口座から引かれる

 クレジットカードからの引き落としになるので2ヶ月遅れの引き落としになります。注意してくださいね。

Visa LINE Payプリペイドカード

  1. 月末に締め日
  2. LINEMOが翌月3日ごろに請求日のお知らせをする
  3. Visa LINE Payプリペイドカードにチャージされている分から引き落とし

支払いが遅れたらどうなる?

請求日の5日にVisa LINE Payプリペイドカード決済ができなかった場合、すぐには回線は止まりません。

もし支払いが5日にできなかった場合、その月の15日再引き落としがかかります。

それでも15日に引き落としができなかった場合、18日あたりから回線が停止されます。

なんらかの都合で支払いが滞ってしまった場合は、16日or17日までには支払いを済ませておきましょう。

支払い方法の変更はできる?

LINEMOの会員専用ページ「My Menu」から手続きできます。

支払い方法変更

ご希望のお支払い方法 から希望する支払い方法を選ぶ

口座振替でゆうちょ銀行は選べる?

ゆうちょ銀行も選べます。

クレジットカードや銀行通帳にどのような記載がされますか?

「ソフトバンクM」、「ソフトバンクMB」などの記載になります。

どの支払い方法が得するか

クレジットカードで携帯料金を支払っていたのであれば、手間いらずにすぐに契約できます。

LINE payで支払うのであればクレジットカードの情報を入力する手間が省けます。

\最大12ヵ月実質0円/

契約期間に縛りなし!解約手数料もなし!

LINEMO料金支払いのまとめ

LINEMOの支払い方法を紹介してきました。

あなたのライフスタイルに合わせてLINEMOのお支払い方法を検討してください。

格安SIMの支払方法を解説!工夫すればコンビニ払いできる!PayPay残高払いも紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次