スマホ2台目

デュアルSIMとスマホ2台持ちはどちらがいい?

電話の2回線目を検討している中でこのようなお悩みはありませんか?

「デュアルSIMとスマホ2台持ちはどちらがいいの?」

本記事では、デュアルSIMとスマホ2台持ちのメリット・デメリットを比較してご紹介していきます。

デュアルSIMとスマホ2台持ちはどちらがいいのか?

デュアルSIMは1台のスマホに2回線の電話番号が使えるようにすることで、スマホ2台持ちはそのまま、1台に1回線の電話番号があるスマホを2台持つことです。

スマホの2回線目を検討する場合、「デュアルSIM」か「スマホ2台持ち」のどちらかを考えることになりますが、どちらが優れているのでしょうか。

結論から申し上げますと、「デュアルSIM」と「スマホ2台持ち」の両方に違ったメリットとデメリットがあるので、どちらが良いということはありません。

つまり、スマホを使用する用途やご自身のライフスタイルに応じて適切な方法を選ぶことが大切になるのです。

それでは、デュアルシムとスマホ2台持ちのそれぞれのメリットとデメリットをご紹介していきます。

デュアルSIMとは?

1台のスマホ端末にデュアル(dual/2重)、つまりSIMカードやeSIMを2つ設定することです。

これができるのは、デュアルSIM対応のスマホ端末のみです。

デュアルSIMの形式は主に2つで物理的なSIMカードを2枚入れるタイプと1枚は物理的なSIMカードでもう一つはeSIMで設定するタイプです。

デュアルSIMのメリット

デュアルSIMにするメリットは下記の3つです。

  1. スマホ端末1つに2つの電話番号を持つことができる
  2. 格安プランを組み合わせることができる
  3. 海外旅行でも同じ端末を使用することができる

それぞれのメリットについて詳しくご紹介していきます。

1.スマホ端末1つに2つの電話番号を持つことができる

デュアルSIMを使用することで、同じ端末で2つの電話番号を使用することができますので、プライベート用と仕事用の電話番号を1つの端末で管理することができます。

2つの電話番号を使用できますので、LINEなどのアカウントも2つ作成することができるのでとても便利です。

2.格安プランを組み合わせることができる

格安SIMには、使用ギガ数に応じて料金が変動するプランや通話に特化したプランなどが存在しますが、1つのSIMでは併用できないプランも、デュアルSIMであれば併用することができます。

つまり、ご自身の使用用途によってお得な組み合わせにプランを設定することが可能なのです。

3.海外旅行でも同じ端末を使用することができる

海外でデータ通信をする場合、国際ローミングを使用することになりますので、通信料金が高額になってしまうケースが多いですが、デュアルSIMであれば渡航先で旅行者向けに販売されているプリペイドタイプのSIMカードなどをそのまま差し込むだけでそのまま端末を使用し続けることが可能です。

もちろん、今まで利用していたSIMもそのまま使用することができますので、状況に応じて使い分けることができます。

デュアルSIMにするデメリット

デュアルSIMにするデメリットは下記の2つです。

  1. バッテリーの持ちが悪くなる
  2. 対応機種が限られている

それぞれのデメリットについて詳しくご紹介していきます。

1.バッテリーの持ちが悪くなる

デュアルSIMを使用すると、2つのSIMが同時に電波を受信することになるため、それだけ端末のバッテリー消費が早くなります。

長時間の外出にはモバイルバッテリーが必須になるでしょう。

2.対応機種が限られている

デュアルSIMに対応しているスマホ端末は増えていますが、それでもまだまだ使用できる端末は限られています。

場合によっては希望しているスマホ端末を使用できない場合もあるので注意しましょう。

スマホ2台持ちにするメリット

スマホ2台持ちにする主なメリットは下記の4つです。

  1. 片方の端末にトラブルがあっても安心
  2. ストレージ容量が増える
  3. 料金を抑えられる
  4. 2つのスマホで別々の操作をすることができる

それぞれのメリットについて詳しくご紹介していきます。

1.片方の端末にトラブルがあっても安心

スマホの2台持ちであれば、片方のスマホ端末がバッテリー切れを起こしたり通信障害などのトラブルが起きても、もう片方の端末があるのでスマホを使用できないということにはなりません。

スマホが使えないことはとても不便ですが、その心配がなくなるのは大きなメリットと言えるでしょう。

2.ストレージ容量が増える

スマホを使用しているとストレージ容量がいつの間にか上限に迫ってしまうことも多いですが、スマホを2台持っておけばその心配もありません。

写真や動画などのデータを保存する端末と、主にスマホアプリを使用する端末に分けることでストレージ容量を気にせずに使用することができます。

3.料金を抑えられる

スマホを2台契約することで料金も倍になるというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、実は格安SIMを活用することで現状より料金を抑えることができることも多いのです。

特にau・docomo・Softbankの三大キャリアを使用しているのであれば料金を抑えられる可能性が高いので、契約プランを見直すという観点からも検討してみるといいでしょう。

4.2つのスマホで別々の操作をすることができる

スマホを2台持っていれば、それぞれで別々の作業をすることが可能です。

例えば、片方で通話をしながらもう片方で検索することもできますし、片方で作業をしながらもう片方で調べ物をすることもできます。

スマホ2台持ちにするデメリット

スマホ2台持ちのデメリットは、管理する端末が2台になってしまうことです。

データをしっかりと管理していないとどちらの端末にどのデータが入っているのかわからなくなってしまうなどのトラブルが生じてしまう場合があります。

まとめ

本記事では、デュアルSIMとスマホ2台持ちのメリット・デメリットを比較してご紹介していきました。

ご紹介した通り、デュアルSIMとスマホ2台持ちのどちらが優れているというわけではなく、スマホの使用用途に応じて適切な方法を選ぶことでより便利にスマホを利用することができます。

ぜひ本記事を参考にして、デュアルSIMかスマホ2台持ちにするのかを正しく検討してみてください。

-スマホ2台目