mineoマイネオのメリットとデメリットを解説

mineo

mineoのメリット・デメリットを解説!パケット放題Plusの注意点や他社との比較も紹介

ドコモ、au、ソフトバンクから格安SIMへ乗り換えを検討するときに、誰だって失敗はしたくないものです。

「mineoは良さそうかな?」と思っていてもやっぱり不安に思うものです。

mineoは、多くのプランがあり自分の利用シーンに合わせて選べますが、特定の時間帯だけ通信速度が落ちる料金プランがあり、注意が必要です。

この記事では、mineoの特徴やメリット、デメリット、料金プランについて詳しく解説します。

mineoはどんな格安SIM?

マイネオ mineo ロゴ

mineoというのは、関西電力グループの「株式会社オプテージ」が運営する格安SIM会社。

ドコモ、au、ソフトバンクの3つの回線に対応している「トリプルキャリア」で、非常に利便性が高いと言えます。

mineoは、格安SIMがまだ主流になっていない頃からサービスを展開し、顧客満足度が高くなっています。

>>mineoの公式サイトはこちら

mineoの料金プランは?

まずは、mineoの基本情報を紹介し、その後、各料金プランを詳しく解説します。

mineoの基本情報

名称mineo(マイネオ)
マイピタ
料金プラン
(税込)
・1GB:1,298円
・5GB:1,518円
・10GB:1,958円
・20GB:2,178円
マイそく
料金プラン
(税込)
・最大速度 300kbps:660円
・最大速度 1.5Mbps:990円
・最大速度 3Mbps:2,200円
(※)速度は一定になる代わりに、データ通信が使い放題
(※)月~金のお昼12時台は32kbpsと低速になります
初期費用(事務手数料)3,300円(税込)
SIMカード発行手数料440円(税込)
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線

マイピタ

出典元:株式会社オプテージ(mineo)

マイピタは、もっともスタンダードな料金プランで、使用できるデータ通信容量によって料金が異なります。

マイピタの月額料金(税込)

  • 1GB:1,298円
  • 5GB:1,518円
  • 10GB:1,958円
  • 20GB:2,178円

そして、あまったデータ容量は、翌月に繰り越しされます。

他社との比較

UQモバイルは3GBで1,628円、IIJmioでは、4GBで990円です。

これらを、1GBあたりで計算すると、以下のとおりです。(mineoは、5GB:1518円時の料金で計算)

  • mineo:303円
  • UQモバイル:542円
  • IIJmio:247円

上記の条件では、IIJmioがもっとも安くなります。

マイそく

出典元:株式会社オプテージ(mineo)

マイそくは通信速度が一定になる代わりに、その速度でデータ通信が使い放題になる料金プランです。

このプランのでの注意点は、月~金の12時台は最大32kbpsと低速になること。このお昼の1時間だけは電話、メールやLINEチャットは使えますが、ウェブサイト閲覧や動画視聴は、通信速度が遅いので、見えません。

一方で、このお昼の時間帯は、授業中や仕事中などでスマホを利用しない人、あるいは、この時間はWi-Fi環境で利用する人にとっては、断然お得なプランです。

料金プラン最大通信速度月額料金
(税込)
ライト最大300kbps
(0.3Mbps)
660円
スタンダード最大1.5Mbps990円
プレミアム最大3Mpbs2,200円

他社にデータ使い放題プランはある?

UQモバイルには低速モードがあり、くりこしSプラン1,628円では、通信速度が300kbps。くりこしM(2,728円),L(3,828円)では、1Mbpsになります。

mineoのマイそくは、平日の12時台が超低速になることを除けば、かなり安いプランと言えます。

mineoのメリット

では次に、他の格安SIMと比べてmineoを利用するメリットを解説します。

パケット放題Plusでデータ通信が無制限で使える

mineoは、「パケット放題Plus(プラス)」月額料金385円(税込)というオプションがあり、最大速度1.5Mbpsに制限されますが、データ通信が使い放題になります。

これによってYouTubeなどの動画(中画質程度)が見放題、Web閲覧が使い放題(いくら使ってもデータ通信容量が消費しない)することができます。

ただし、注意点としては、動画配信サービスを高画質で楽しみたいという場合は、1.5Mbpsでは「もっと高画質で見たい」と物足りなく感じることもありますので、ご注意ください。

ポイント

YouTubeの場合、1.5Mbpsあれば、中画質程度の動画が見れます。なお、5Mbpsぐらいあれば、高画質を見れるでしょう。

マイそくとパケット放題Plusの違いは?

どちらも、速度制限はあるもののデータ通信容量を使い放題になります。

マイそくの場合は平日の12~13時が超低速となり、この1時間は、通常通りに使ことはできないと考えた方がよいでしょう(ほぼ、電話とメールとチャットのみ使用可能)。

マイピタ1GB+パケット放題Plusとマイそくスタンダードを比較は以下です。

マイピタ1GB

パケット放題lus
マイそく
スタンダード1.5M
月額料金
(税込)
1,683円
(1,298円

385円)
990円
通信速度通信速度(※)
+
1.5Mbps
1.5Mbps
指定時間の速度制限なし平日の月~金の12時台は
通信速度が32kbpsになる
通常速度との切換えありなし

(※)使用状況によって異なりますがおおよそ10Mpbs~60Mbps

2つのプランの選び方

マイそくに向いている人は、通常時は1.5Mpbsで平日の12時台に通信速度にさらに遅くなっても、問題ない人やデータ使い放題を安くしたい人

マイピタ+パケット放題lusに向いている人は、常に1.5Mbpsの速度制限されていても問題ないけど、24時間いつでも使い放題したい人

通信速度別で利用シーン

通信速度がいろいろとあると、覚えるのが大変ではないでしょうか。

そこで、通信速度別にできることを以下にまとめました。

通信速度通常利用できるサービス
32kbps
(0.032Mpbs)
・電話
・メール
・LINEのチャット
1.5Mbps・ウェブサイト閲覧
・YouTubeなどの動画視聴(中画質)
・LINE、Twitter、インスタグラム
・PayPayなどのQRコード決済
・グーグルマップ・地図アプリ など
1.5Mbps以上1.5Mbpsのときよりさらに高速で快適に使える
・ウェブサイト閲覧
・YouTubeなどの動画視聴
・LINE、Twitter、インスタグラム
・PayPayなどのQRコード決済
・グーグルマップ・地図アプリ など

ポイント

「通信速度によって、使えるサービスが異なるのは、わかったけど、覚えるのが面倒」「速度制限はいやだ」と思った人は、通信データ利用無制限(3,278円)の楽天モバイルも検討してください。

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら

通話オプション「時間無制限かけ放題」も追加できる

mineoの通話オプションは、以下のとおりです。

10分かけ放題550円
時間無制限かけ放題1,210円

なお、mineoは、格安SIMによくありがちな専用アプリは不要ですので、手間なく電話がかけられます。

他社のかけ放題も比較

主な格安SIMのかけ放題オプションの月額料金

楽天モバイル・15分かけ放題:1,100円
(専用アプリ不要)
・24時間かけ放題:料金プランに付帯
(24時間かけ放題は専用アプリ使用必須)
ahamo・1回5分かけ放題:料金プランに付帯
ワイモバイル・10分かけ放題:770円
・24時間かけ放題:1,870円
LINEMO・5分かけ放題:550円
・24時間かけ放題:1,650円
UQモバイル・10分かけ放題:770円
・24時間かけ放題:1,870円
povo・5分かけ放題:550円
・24時間かけ放題:1,650円
IIJmio・5分かけ放題:500円
・10分かけ放題:700円
・24時間かけ放題:1,400円
(すべて専用アプリ使用必須)
BIGLOBEモバイル・3分かけ放題:660円
・10分かけ放題:913円
(すべて専用アプリ使用必須)
OCNモバイル・10分かけ放題:935円
・24時間かけ放題:1,430円

なお、専用アプリが特に必要のない場合には記載はしていません。

専用アプリは、各社独自のアプリで、そのアプリを使った時だけ、かけ放題が適用されます。

スマホの標準である電話のアプリから発信すると通常の通話料金が発生しますので、注意が必要です。

上記の表のとおり、mineoのかけ放題オプションは、最安値水準であることがわかります。

ドコモ、au、ソフトバンクの通信回線が選べるトルプルキャリア対応

mineoは、ドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアに対応している「トリプルキャリア」ですので、SIMロック解除などの手間を省きながら乗り換えられます。

そのため、同じ回線を選べば、基本的には今のスマホ端末をそのまま使えます。

どの回線でも同じ料金で利用できるので、特に通信回線にこだわりがない方は、今使っている回線と同じ回線を選んでください。

ポイント

格安SIMの中には、大手キャリアの回線全てに対応していないことが多いです。

例えば、楽天モバイルは楽天回線とau回線だけです。IIJmioは、ドコモ回線とau回線だけです。

また、UQモバイルはau回線のみ、ワイモバイルはソフトバンク回線のみとなっています。

支払い方法が3つある

mineoの支払い方法は、次のとおり

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替

多くの格安SIM会社では、デビットカードで支払いができないため、mineoでデビットカードで支払いができることは大きなメリットです(一部のデビットカードは使用不可(どのデビットカードであるかは非公開))。

ただし、口座振替の利用には、条件があり、「光回線の「eo光ネット」とmineoをセットで契約し、eo光の支払い方法を口座振替で選択している場合だけ」です。そうなると、口座振替を利用できる方はかなり限られてきそうです。

ポイント

楽天モバイルでは、楽天銀行デビットカードだけ使えます。

ワイモバイルとLINEMOはデビットカードを使えます。

また、UQモバイルやIIJmioでは、デビットカードは利用できません。

独自メールアドレスの利用可

mineoは「@mineo.jp」のメールアドレスを利用(月額無料)できるので、フリーメールに慣れていない方でも安心です。

また、メールボックスの容量も無料で追加することができますので、重要なメールを保管しておきたいと考えている方にもおすすめできます。

ポイント

格安SIMの中には、独自のメールを用意していない場合も多いため、メールアドレスを使いたい人にとっては魅力でしょう。

解約金がかからない

mineoでは、違約金や最低利用期間は無く、どのタイミングで解約しても料金が発生しません。電話番号をそのままにした状態で乗り換える場合のMNP転出手数料も無料です。

例えば、数か月使って、サービスに不満があれば、料金をかけずに他社に乗り換えられます。

コミュニティサイトで使い方のアドバイス

mineoは「マイネ王」というコミュニティサイトを運営しています。

このサイトでは、mineoユーザーとの交流ができ、mineoに関しての疑問点や不安点を質問したり回答できます。

公式サイトには記載されていない、個人的なアドバイスや使い方のヒントなどを得られます。

マイネ王は、契約する前の人でも誰でも無料で利用できますので、覗いてみると良いでしょう。

豊富な割引キャンペーンがうれしい

  • マイそく月額料金料金割引キャンペーン
  • 10分かけ放題440円割引キャンペーン
  • かけ放題キャンペーン
  • Hulu1年間220円割引キャンペーン
  • iPhone端末保証最大2カ月無料キャンペーン

キャンペーンの詳細は公式サイトにてチェックしてください。

>>mineoの公式サイトはこちら

mineoのデメリット

では次に、mineoを利用するデメリットを解説していきます。

初期費用がかかる

mineoでは、初期費用として、契約事務手数料が3,300円かかります。

それに加え、SIMカード発行手数料、あるいはeSIM発行手数料が440円必要です。

今なら契約事務手数料が無料!

今なら、「格安スマホ はじめてパッケージ」キャンペーンを開催中!条件を満たすことで、契約事務手数料が無料になります。

詳細は公式サイトをご覧ください。

>>mineoの公式サイトはこちら

大容量の料金プランは20GBまで

mineoの料金プランは20GB(2,178円)が最大データ通信容量になります。

これ以上使う場合は、追加でデータ通信容量を購入する必要があります。

追加の料金は以下のとおりです。

100MB55円

つまり、1GB分を購入すると、550円となります。

ポイント

大容量のデータ通信容量が必要なかたは楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルは、20GB以上になると、データ通信容量は無制限で使えて3,278円(税込)です。そして、3,278円以上、料金は発生しません。

通信速度が不安定になることもある

mineoをはじめとする格安SIMの多くは、通信速度が不安定になりやすいです。

特に、回線が込み合うお昼時は、速度が低下したり、不安定になったりする可能性が高いと言えます。

>>mineoの公式サイトはこちら

UQモバイルとIIJmioと比較

mineoを検討している方の中にはUQモバイルやIIJmioと比較している方もいらっしゃるでしょう。mineoとそれらの会社を比較してみました。

mineoUQモバイルIIJmio
おすすめユーザー自分にぴったりのプランにしたい人常に早い通信速度を求める人いろいろなスマホ端末を選びたい人
最安プラン
(データ容量)
マイピタ
(1GB)
1,298円
くりこしプランS +5G
(3GB)
1,628円
2ギガプラン
(2GB)
850円
3~5Gあたりの料金
(データ容量)
マイピタ
(5GB)
1,518円
同上4ギガプラン
(4GB)
990円
データ使い放題
(追加オプション)
パケット放題Plus
385円
通信速度1.5Mbpsで使い放題
なしなし
5G通信ありありあり
mineoUQモバイルIIJmio
通話料22円/30秒22円/30秒22円/30秒
24時間話し放題1,210円1,700円1,400円
(要専用アプリ)
留守番電話無料無料319円
店舗ありありなし
端末購入ありありあり
表示料金はすべての税込です。

格安SIMの中でも特に通信速度が速いことで知られているUQモバイルの詳しく解説は、「UQモバイルのメリット、デメリットと料金プランを紹介」をご覧ください。

また、iPhoneやAndroid端末などいろいろなスマホ端末を選びたい人はIIJmioもおすすめです。詳細は、「IIJmioは本当に便利?IIJmioならではのメリットを徹底解説!」をチェックしてください。

mineoはどんな方におすすめ?

格安SIMのmineoは、

  • 自分の利用シーンにぴったりのサービス、プランを選びたい人
  • 速度制限はされるものの、データ使い放題を定額で使いたい人
  • 通信速度によって使えるサービスを把握できる人

におすすめです。

通信速度の把握など、通信に関する知識が少しだけ必要になってきますので、そのあたりが面倒と思う人には向いていないと言えます。

また、mineoは格安SIMサービスとしても人気がありますし、運営会社の信頼度も非常に高いと言えますので、初めて格安SIMを利用する方にも最適です。

トリプルキャリアにも対応していますので、SIMロック解除を省きつつ、スムーズに乗り換えを行うこともできます。

>>mineoの公式サイトはこちら

mineoのメリット・デメリットのまとめ

mineoは、ドコモ、au回線、ソフトバンクを利用できる格安SIM会社です。

料金プランを自分の好きなように組み合わせて、カスタマイズできます。

マイピタ1GB+パケット放題lusで1,623円、マイそくのスタンダード1.5Mなら990円で利用できます。

mineoの料金プランもう一度確認したい人は、「mineoの料金プランは?」を見てみてください。

あなたにぴったりのサービスを見つけて、快適な格安スマホ生活を楽しんでください。

>>mineoの公式サイトはこちら

-mineo