iPhoneとAndroidの2台持ちのメリットとは?それぞれの違いを解説  

iPhoneとAndroidの2台持ちってどう

すでにiPhoneをお持ちですが、「Androidスマホも購入してみようかな?」と思っていませんか?

この記事では、Androidを追加購入して2台持ちすることで、iPhoneとAndroidを併用することで得られる驚きのメリット、ビジネスとプライベートの効率的な管理方法、さらにはコスト削減のテクニックを詳しく解説します。

目次

iPhoneとAndroidの2台持ちのメリット

iPhoneとAndroidの2台持ちには、以下のようなメリットがあります。

仕事とプライベートの使い分け

iPhoneを仕事専用に使い、Androidをプライベートに使うことで、仕事とプライベートの切り替えがスムーズになります。

それぞれの端末に必要なアプリやメールアカウントを設定し、効率的に業務と個人の活動を管理できます。

特化した用途に合わせた使い分け

1台目のスマートフォンを使いながら、2台目のスマートフォンを特定の目的に合わせて活用できます。

例えば、大画面のAndroid端末をメディア視聴やゲームプレイに、iPhoneを写真やビジネスに特化した用途に使うことができます。

各々の特徴を最大限に生かし、使いやすさとエンターテイメント性を両立できます。

アプリの利用範囲の拡大

iPhoneとAndroidはそれぞれ異なるアプリシステムを持っています。

2台持ちの場合、iPhone向けのアプリとAndroid向けのアプリの両方を利用できます。

特定のアプリが片方のプラットフォームにしか対応していない場合でも、両方のアプリを使うことで機能や情報にアクセスできます。

通信エリアの広がり

異なる2つの通信回線(キャリア)に契約することで、通信エリアを広げることができます。

特定の地域での通信状況やキャリアごとのサービス品質の違いを補完できます。

iPhoneとAndroidの特徴の比較

PhoneとAndroidは、世界中で人気のあるスマートフォンのオペレーティングシステムです。以下では、iPhoneとAndroidの特徴をいくつかの要素で比較してみましょう。

iPhoneとAndroidの特徴の比較を表形式で示します:

特徴iPhoneAndroid
オペレーティングシステムiOSオープンソースのAndroid
ユーザーインターフェース統一感のあるデザインと直感的な操作性メーカーやモデルによる多様性があり、カスタマイズ性が高い
アプリストアApp Storeによる厳格な審査基準Google Playストアによる幅広い選択肢
セキュリティとプライバシー高いセキュリティとプライバシー保護セキュリティの脆弱性や悪意のあるアプリのリスクが存在する
パフォーマンスとバッテリー高性能なパフォーマンスと安定性ハードウェアの多様性によるパフォーマンスの差が存在する

異なるメリットや注意点があるため、自身のニーズや好みに合わせて最適なスマートフォンを選択することが重要です。

iPhoneからAndroidへ

iPhoneからからAndroidへ移行する際の注意点をまとめた記事もご覧ください。

iPhoneユーザーがAndroidを使うときの注意点とは?

2台目としてのiPhoneのメリット

ここからは、2台目のスマホをiPhoneにするメリットを解説していきます。

比較的長く使える

iPhoneは、最初の端末コストは高いと感じるかもしれませんが、その後OSのアップデートのサポートが長きにわたって行われます。

例えば、Appleは2022年5月16日に、「iOS 15.5」を公開しました。

不具合と脆弱性を修正したセキュリティアップデートとなり、2015年に発売されたiPhone6sまでが対象となっていました。

つまり、およそ7年前までのiPhoneもサポートの対象となり、長く端末を使うことができます。

リセールの価値が高い

iPhoneは端末の価格が高いというのが一般的な認識です。

しかし、逆に言えば、iPhoneはその人気とブランド力により、リセールバリュー(買取価格)がAndroidスマホよりもずっと高いです。

例えば10万円で買ったiPhoneを2年後であっても、4万円で買い取ってもらえれば、実質6万円で、そのiPhoneを使えたことになります。

iPhoneユーザーは多いため情報がすぐ見つかる

周りにiPhoneユーザーが多いと、操作方法やおすすめアプリを教えてもらいやすいです。

ネットでiPhoneの使い方を紹介するサイトが多くあります。

また、iPhoneユーザーはたくさんいます。

おそらく、家族、友達や会社の同僚であれば、誰かしらiPhoneユーザーである可能性は高いでしょう。

2台目としてのiPhoneのデメリット

デメリット内容
高額な価格iPhoneの端末価格がAndroidの端末に比べて高い
内部容量の追加コスト追加の内部容量を選ぶと価格がより高くなる
戻るボタンの欠如Androidユーザーにとって、iPhoneの戻るボタンの欠如が操作上のストレスになる
SDカードの非対応iPhoneではSDカードを挿入して外部ストレージを利用できない
  1. 高価格: iPhoneはAndroidに比べて高価であり、最新モデルは10万円以上、内部容量を増やすと15万円になる場合もあります。
  2. 戻るボタンの欠如: iPhoneには戻るボタンがなく、AndroidからiPhoneに移行する際には操作上のストレスを感じる可能性があります。
  3. SDカードの非対応: iPhoneではSDカードを使用できず、Androidユーザーにとってはデータ管理の面で不便を感じるかもしれません。

2台目としてのAndroidのメリット

2台目をAndroidにするメリットは、価格を抑えられることでしょう。

また、1台目がiPhoneの人が驚くのはその操作性と多機能であることでしょう。その点をくわしく解説します。

マイクロSDカードが使える機種がある

これは、機種によりますが、多くのAndroid端末には、マイクロSDカードを挿入でき、データを保存できます。

また、そのデータ容量が超えたら、別のSDカードを入れ替えることが可能です。

つまり、外部へデータを取り出すことが容易になっているということです。

例:マイクロSDが使える機種の一例

OPPO Reno5 A
AQUOS sense6
Redmi Note 11 Pro 5G

マイクロSDXCカードが使える

ただし、Google Pixel シリーズはすべて非対応です。

高機能の端末が多数ある

Android端末はiPhoneと違い、機種ごとに機能が異なります。

また各メーカーごとにそれぞれ競争しており、その結果、優れた機能が搭載されていることが多いです。

今回はその一部をご紹介します。

画面内インカメラ  Rakuten BIG

画面内インカメラとは、通常インカメラはピンホールのような穴がありますが、この場合、目視ではどこに画面があるかわからないほどです。

その分、カメラが画面の邪魔にならないというメリットがあります。

折りたたみ  Galaxy Z Flip3 5G

スマホ液晶を折りたたむことができるAndroid端末です。

折りたたみというと、その部分はすぐに劣化してしまうのでは?と思ったかもしれません。

しかし、1日100回開閉した場合、約5年間の使用に耐えられるように試験を繰り返したそうで、その耐久性には問題ないでしょう。

ディスプレイ内指紋認証 Pixel 6

この機能があれば、スマホの画面上で、指紋認証をできます。

これによって画面にホームボタンが設置される必要がなく、画面を広く使うことができます。

タフネスモデル  京セラ TORQUE 5G

スマホを屋外や工事現場、建設現場でよく使用する方が検討したいのが、この京セラ TORQUEシリーズです。

このスマホの特徴は、衝撃にも浸水にも強いということです。

また、過酷な状況下でのアウトドアの際にも活躍してくれるでしょう。

曲面ディスプレイ  Galaxy Note Edge

右側のエッジ部分(側面)がカーブを描いており、エッジスクリーンとも呼ばれます。この部分に新着メールや予定を表示させることができます。

パワーシェア   Galaxy S10

スマホがワイヤレス充電となって、別のワイヤレス充電対応の機器に給電できます。

充電は他の家電製品にも普及しているUSB-C

現在は世界的にUSB Type-Cの標準化が進んでいます。

その理由は、大容量データと最大20V×5Aの大電力を供給できるからです。

iPhoneは現在ライトニングケーブルによる充電ですので、この点は大きな違いとなるでしょう。

ヘッドホンジャックがあり、充電しながら使える機種もある

iPhoneにイヤホンジャックが搭載されていたのは、2015年発売のiPhone 6sまででそれ以降は、イヤホンジャックが廃止されました。

そのため、充電しながら、イヤホンジャックを使って音楽を聴くことができなくなりました。

一方でAndroidの端末にはイヤホンジャックがついている機種が多くあります。

ただし、最近は減少する傾向があります。

操作で戻るボタンがある

Android端末の操作で大きな違いは、戻るボタンがあることでしょう。

Androidユーザーは戻るボタンがあるために、操作が簡単と考えている人も多いことでしょう。

2台目としてのAndroidのデメリット

以下に、Android端末のデメリットを表形式でまとめました。

デメリット内容
アップデートサポート期間の短さ多くのAndroid端末は、数回のアップデート後にサポートが終了するため、セキュリティ上のリスクが増える可能性がある。
バッテリーの持続時間のばらつきAndroid端末のバッテリーの持続時間は機種やメーカーによって異なり、一貫性がない場合がある。
操作性の一貫性の欠如Androidは多くの端末があり、それぞれの端末は少しずつ違う性能や使い方になり、端末の速さや動作も違います。
ユーザーインターフェースの一貫性の欠如Android端末は多くのカスタマイズオプションを提供しているため、異なるメーカーやモデル間でユーザーインターフェースの一貫性がない場合がある。

よく言われることが、Android端末は長く使い続けるのが難しいと言われている点です。

ほとんどのAndroid端末は、OSのアップデートを1~2回を受けたらサポートが終了することが多いです。

そのため、すぐにセキュリティ上のリスクが発生してしまうことです。

iPhoneでもAndroidでもできないこと

Android端末に詳しくない人の中には「Androidってテレビチューナーがついているんじゃなかった?」実は、Androidでも、テレビチューナーのワンセグ、フルセグを搭載している端末は現在ありません。

覚えておきたい機種の違い

iPhoneのシリーズは簡単で、毎年iPhoneの新モデルが登場します。現在の最新版は2021年9月24日に発売されたiPhone 13です。

一方で、Androidの機種は、iPhoneユーザーからしてみればかなり複雑という印象ではないでしょうか。

しかし、モデルの形式を一度知ってしまえば簡単です。

 例えば、Xperiaですが、Xperia 1 、5、10 、Aceと4つのシリーズがあります。

  • 最高ランクのXperia 1シリーズ
  • ハイクラスのXperia 5 シリーズ
  • ミドルクラスのXperia 10シリーズ
  • エントリーモデルのXperia Ace シリーズ

初心者でも買いやすく、扱いやすいという意味でエントリーと呼ばれています。

なお価格は、最高ランクのXperia 1 IV SOG06だと13万円台ですが、エントリーモデルのXperia Ace III SOG08は、33,415円で販売されています。

スマホを2台持つ注意点

スマホを2台持つ際の注意点は、コスト面が大きいですが、それ以外にもあります。

金銭面で負担が増える

当然ながら、費用の負担が増えます。

2台目では、月額料金だけでなく、端末代にもよく注意しながら、選ぶようにしましょう。

なお、端末が安い格安SIMを見つけた際には、「他社からのMNPなら端末価格が安い」というケースが多くありますので、価格の条件をよく確認してください。

アカウントやデータ確保

ちゃんと使い分けしておかなければ、どちらにあるかわからなくなることがあります。

事前に確認しておきましょう。

持ち運びに不便になることも

また、2台持ちで不便になることは、持ち運びです。

これはどうしようもないというところでしょう。

なお、2台の端末を持つのが不便だと思う方はデュアルSIMをおすすめします。デュアルSIMなら1台のスマホ端末に2つの電話番号を設定できます。

iPhoneとAndroidスマホの両方をセット購入できるワイモバイル

ワイモバイルのロゴ
名称ワイモバイル
料金プラン(税込)新料金「シンプル2」2023年10月4日スタート
・シンプル2S 4GB :
2,365円
・シンプル2M 20GB :
4,015円
・シンプル2L 30GB :
5,115円
おうち割(※1)
・光回線加入で割引適用
適用時の料金
・シンプル2S 4GB:
1,265円
・シンプル2M 20GB:
2,365円
・シンプル2L 30GB:
3,465円
家族割引サービス(※1)
2回線目以降が割引
適用時の料金
2回線目以降
・シンプル2S 4GB:
1,265円
・シンプル2M 20GB:
2,365円
・シンプル2L 30GB:
3,465円
PayPayカード割
・PayPayカード支払いで
各料金から187円割引
余ったデータの翌月繰り越しあり
初期費用(事務手数料)0円(※3)
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ソフトバンク回線

(※1)おうち割と家族割引サービスの併用は不可。
(※1)SoftBank 光、SoftBank Airが対象です。
(※2)オンラインストアで手続きをする場合は事務手数料が0円。店舗での契約は3,850円(税込)かかります。

\1円スマホあり!6,000円相当還元/

契約期間の縛り無し!解約手数料もゼロ!

ワイモバイルは、ソフトバンクが運営する格安SIMであり、iPhoneやAndroidスマートフォンを提供しており、4GB 2,365円から利用できます。

ワイモバイルのプランはコストパフォーマンスに優れており、条件を満たすこと(SoftBank Airの加入など)で4GB990円で利用でき、iPhoneやAndroidスマートフォンを2台持ちする際の選択肢の一つとして検討する価値があります。

例えば、現在利用しているスマホとは別に新たにAndroidスマホをワイモバイルで契約することで、2台持ちのメリットを最大限に活かせます。

ワイモバイルの詳しいサービス内容は、公式サイトをご覧ください。

\1円スマホあり!6,000円相当還元/

契約期間の縛り無し!解約手数料もゼロ!

まとめ

iPhoneとAndroidでは、それぞれ異なります。

特にiPhoneユーザーがAndroidを使う場合、AndroidユーザーがiPhoneを使う場合、かなり異なることを念頭においてよく考えるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次