スマホ2台目

スマホ2台持ちの印象は怪しい?プライベートと仕事の良いバランスをとる方法を紹介

広告

多くの人が、休日などのプライベートの時間に、スマホに仕事の連絡がくるのは嫌だと思っていることでしょう。

会社の仕事とプライベートの境界を明確にしないと、とてもイライラしてしまうのです。

その解決策の一つとして、スマホを2台持ちすることが考えられます。

そうすれば、休日に個人のスマホに仕事の電話がかかってくることはありません。

しかしながら、「スマホを2台持ちすると周りからの印象が悪いのでは?」と心配していませんか?

プライベートも充実させながら、仕事をしたいという方は、ぜひご覧ください。

また、記事の後半には「スマホ1台に2つの電話番号が持てるデュアルSIMとは?」の解説もありますので、ぜひチェックしてください。

最短即日で電話番号そのままで乗り換えできる!2023年5月24日からワンストップ方式のMNPが開始!MNP予約番号の発行が不要になってもっとかんたんに!

スマホ2台持ちの印象

一部の人からすると、スマホの2台持ちすると印象があまりよくありません。

よくあるイメージの事例としては次の通りです。

2台持ちしている人印象
会社員・同僚から「会社の仕事以外に何か別の仕事、副業をしているのかな?」
・「なんでスマホを2台持っているのかな?お金の無駄だと思うけどな…」
女性・周りの人から「何か水商売しているのかな?」
・会社支給のスマホ?管理職の女性かな?
・なぜか強そうな女性の印象…
夫婦・配偶者から「会社から支給されたって言ってたけど…ほかの異性と連絡取り合っていないよね?」

会社員は何か副業をしているのかと、思われる可能性があります。また、女性の場合、水商売を隠れてしているのか?と疑われることもあるでしょう。

夫婦間で配偶者に、説明せずにスマホを2台持てば、いろいろな疑いをもたれるおそれがあります。

そのため、なるべく、2台のスマホを持っていることをほかの人に見られないようにした方が、無用なトラブルを避けられます。

同僚にも知られない方がよい?

これも、できることなら、2台持っていることを知られない方がいいでしょう。

信頼できる同僚だけなら、2台持っていることを知られて大丈夫と思うかもしれませんが、いつの間にか、その同僚が周りに話し、上司に知られることだって十分にありえます。

その上司や同僚が「スマホを2台持つ必要なんてない」と、思っている人だと、後々気まずい思いをするかもしれません。

1台のスマホ端末に2つの電話番号に導入できるデュアルSIMの解説もチェック

取引先にも知られない方がよい?

仕事の場合、スマホを2台持つことは、必ずしも嫌われるわけではないでしょう。

実際、携帯電話を2台持ちしている人は多いですが、それは別に目立ちたいからではなく、単に仕事とプライベートを分ける必要があるからです。

その理由を説明すれば、納得してもらえるでしょう。

とはいえ、スマホを2台持つことに対して、悪い印象を持っている人がいることも、留意しておきましょう。

印象を良くするポイント

スマホを2台持つと、周りから「非効率的では?」と思われる可能性もあります。そこで、スマホを2台持ちしてスマートな印象を与えるために注意すべき点を紹介します。

ポイント説明
明確な理由スマホを2台持つ理由を明確に持つ
・ビジネス用とプライベート用に分ける
・特定のアプリを使用するため
・海外で使用するため
整理整頓2台のスマホをきちんと管理し、必要なときにすぐに取り出せる
・スマホが乱雑になっていたり、必要なときに見つけられないと、非効率的であるという印象を与えます
適切な使用ビジネス用とプライベート用のスマホの使用を明確に区別する
データ管理データの管理と同期を適切に行い、必要な情報をすぐに取り出せるようにする
プライバシーとセキュリティそれぞれのスマホのセキュリティ設定を適切に行い、不適切なアクセスやデータ漏洩を防ぐ

スマホ2台持ちの活用シーン

平日の夜、仕事が終わってゆっくりお酒を楽しんでいる時、突然の仕事の電話で雰囲気が壊れた経験はありませんか?

多くの人は仕事も大切だと感じますが、プライベートの時間をもっと大切にしたいと思うことでしょう。

仕事とプライベートの時間をしっかり分けるためには、はっきりとした境界線が必要です。

スマホを2台持つことで、この問題は簡単に解決できるでしょう。

平日の場合

まず、平日は、就業時間が終わったら、仕事用のスマホの電源を切ります

会社の就業時間が定時になったら、電源を切ることが大切です。

休日の場合

休日に電源を切るのは問題ありませんが、緊急の電話がかかる可能性も考えられます。そのため、土曜日や日曜日の朝に一度だけ電話を確認することを検討してみてください。

もし連絡があった場合、最初に電話ではなくメールやビジネスチャットなど、ほかの方法で返信することを考えましょう。

そして、すぐに折り返し電話をするのは避けてください。相手に「休日でも対応してくれる人」と思われてしまうおそれがあるからです。

スマホ2台持ちのメリット

では、2台所有する場合、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

電話番号を分けられる

大きなメリットはこれに尽きるでしょう。

個人のスマホと別に仕事のスマホを分けられることが、大きなメリットになります。

これであれば、相手に仕事用の電話番号を伝え、就業時間以外は電源を切るというやり方もできます。

また、今までは、「仕事関係の人、取引先の人に、あるいは会社の上司に個人の携帯電話番号を教えたくない」という人でも、仕事用のスマホの携帯電話番号があれば、今までよりも精神的な負担は軽くなるのではないでしょうか。

例え、休日に電話をかけてくるような取引先の担当者であっても、電話に出なければ、「今日は、日曜日で電話にでなさそうだから、月曜日に電話してみよう」となるはずです。

通話中にスマホで検索できる

通話中に、スマホの画面で調べもの、確認したいと思ったことはありませんか?

通話中の相手を待たせて、スマホの画面で調べものをしたことがある人もいるでしょう。

スマホを2台持つことで、通話しながらスマホの画面を検索できます。

例えば、通話をしている相手に地図で場所を説明したい場合、頭のなかで説明するよりももう1台の方で地図を表示し、具体的にしかもわかりやすく説明した方がよく伝わるでしょう。このように考えれば、それも十分なメリットと言えるかもしれません。

なお、スマートフォンのスピーカー機能やイヤホンでの通話をすれば、スマホの画面を触りながら通話することはできますが、突然の着信にも素早く対応できる点が大きいでしょう。

バッテリーが切れても連絡できる

物理的にスマホが2台あれば、どちらかのバッテリーがなくなったとしても、もう片方のスマホを利用できます。

肝心な時にスマホが使えないという状況を回避できるでしょう。

通信障害にも対応できる

別々の回線を持つことで、片方のスマホが通信障害などで圏外になっても、もう片方のスマホでは通信できる状態だったりします。

例えば、ソフトバンク回線が圏外だったとしても、au回線は使える場合もあります。また、その反対もあり得ます。

データの容量が増える

簡単に言えば、データを保存する容量が増えることです。一般的に仕事用のものに関しては、データがかなり蓄積される可能性があります。

もし1台しか所有していない場合には、プライベートの画像や動画などを消去しなければならない可能性もあるため、別々に持っていたほうが良いと言うことになるわけです。

多くの画像や動画を持っている人は、その分、多くのデータを持ち歩かなければならないといったことがあるかもしれません。いずれにしても、スマホを分けることにより完全にプライベートとそうでない場面を遮断するようにするわけです。

仕事用スマホで仕事に集中できる

スマホが気になって仕事に集中できないということを経験した人もいることでしょう。

仕事専用のスマホを持てば、そのスマホには、仕事に使うアプリだけをダウンロードすればよくなります。

仕事に不要な通知設定もオフにすることをおすすめします。

また、不動産や建築現場で働く人は特に写真を撮ることも多いでしょう。写真のフォルダは仕事に関係することだけになるので、仕事の効率化も図れます。

テザリング用スマホとして使える

2台目をテザリング用として、パソコンと接続すれば、使い勝手がよくなります。

また、テザリング専用のスマホがあれば、もう一台のスマホのバッテリーを消費せずにすみます。

スマホ1台に2つの電話番号が持てるデュアルSIMとは?」の解説もありますので、ぜひチェックしてください。

スマホ2台持ちのデメリット

スマホを2台持つデメリットは、料金以外にもあります。

料金が2台分かかる

一方で、デメリットがあるとすれば、やはり料金が2倍かかることです。

ただし、同じ携帯電話会社で2回線目として契約することにより、料金は1.5倍ほどで収まるかもしれません。

例えば、ワイモバイルなら、1回線目は3GBのプランで2,178円となり、2回線目は3GBのプランが990円となります。

データの管理が大変

また、データの管理が大変になる場合があります。

しっかりと把握しておかなければ、「あのデータ、どっちのスマホにあったかな?」ということにもなりかねません。

例えば、電話帳やLINEの友だちなどです。また、X(旧Twitter)やインスタグラムのアカウント、ウェブサイトのブックマーク情報の管理も必要になるでしょう。

また、写真を撮るのが好きな人は、片方のスマホからもう片方のスマホに写真を転送する必要があり、手間がかかるかもしれません。

そのほか、2つのカレンダーと2つの連絡先を管理しなければならないかもしれません。

また、パスワードの管理もしっかりとしておきたいところです。

データの使用量の把握が大変

2つスマホを持つということは、それぞれでデータの使用量を把握しておきましょう。

両方のスマホとも十分なデータ容量を備えた料金プランを契約していれば、特に気になりませんが、必要最低限の料金プランで契約している場合は、現状のデータ容量を確認する必要があります。

スマホ1台に2つの電話番号が持てるデュアルSIMとは?」の解説もありますので、ぜひチェックしてください。

スマホ2台持ちの組み合わせ

スマートフォンを2台持つ際の組み合わせは大手携帯電話と格安SIMが主流です。

以下に考えられる組み合わせを示します。

大手携帯電話と格安SIM

通信の安定性を重視する場合におすすめ。

例えば、ドコモと格安SIMのLINEMO(ラインモ)を組み合わせれば、ドコモの安定した通信エリアと、LINEMOの月額料金の安さ(3GB 990円)を享受できます。

LINEMOのサービス内容の解説もあわせてご覧ください。

格安SIMと格安SIM

安さ重視であれば、この組み合わせが良いでしょう。

例えば、1台目はLINEMOの3GB 990円(税込)、2台目は楽天モバイル1,078円 (3GBまで)という組み合わせなら、合計2,068円になります。

iPhoneとAndroid

iPhoneとAndroidでは、使える機能や使用できるアプリが異なります。

また、スマホ端末の価格でいうと、iPhoneは安くても57,800円64GBとなりますが、Androidの場合では端末がかなり安く購入できます。

例えば、格安SIM会社のIIJmioでは、スマホ端末とセットで契約する際には、Androidの端末が安く購入できます。

>>最新のおすすめ格安SIM・スマホの比較はこちら

デュアルSIMならスマホ1台に2つの電話番号

スマホ2台持ちとデュアルSIMのメリットは?

デュアルSIMのデュアルとは2重(dual)という意味で、1台のスマホに2枚のSIMカードを挿入、あるいはeSIM(イーシム)を設定して、2つの電話番号や料金プランを分けて利用できます。

これであれば、スマホ端末が2台必要になることはありません。そして、周りの目を心配する必要もなくなるでしょう。

なお、デュアルSIMに対応しているスマホ端末が必要になります。

  • iPhoneなら、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 、iPhone SE以降
  • Android端末なら、moto g52j 5G、OPPO Reno5 A、AQUOS sense6など

これらの端末を確認し、追加で格安SIM会社に新たに契約します。

デュアルSIM対応の格安SIM

2台目におすすめの格安SIMとして、LINEMOと楽天モバイルを紹介します。

「月額の料金を安くて抑えながら、安定した回線を利用したい」という方は3G:990円の「LINEMO」がおすすめです。

「月額の料金を安く抑え、国内通話も安くしたい」という方は、アプリを使用することで、国内通話が24時間かけ放題になる「楽天モバイル」がおすすめです。

LINEMO

LINEMO(ラインモ)のロゴ
名称LINEMO(ラインモ)
料金プラン(税込)・ミニプラン 3GB: 990円
・スマホプラン 20GB:2,728円
余ったデータの翌月くりこしなし
契約事務契約手数料0円
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ソフトバンク回線

■ PayPayポイントあげちゃうキャンペーン
PayPayポイントをプレゼント
他社から乗り換え(MNP):10,000円相当
新規契約:3,000円相当
期間:2021/6/5(土) ~ 終了日未定

キャンペーンの詳細は公式サイトで確認!

\最大12ヵ月実質0円/

契約期間に縛りなし!解約手数料もなし!

LINEMOでは、3GBのミニプラン(990円)と20GBのスマホプラン(2,728円)というコストパフォーマンスの高い料金で提供しています。

今ならこれらのプランが最大8ヵ月間、実質無料で利用できます。また、ソフトバンクからLINEMOへの乗り換え先は手間いらずです。そのほか、eSIMにも対応。5G通信にも対応なので、さらに高速な通信が可能になりました。

また、LINEの通話やトーク、ビデオ通話で、データ通信容量が消費しない「LINEギガフリー」も大きな魅力です。

そのため、LINEの利用をコミュニケーションに優先させる方にとっては、3GBのプランでも十分満足できる内容となっています。

\最大12ヵ月実質0円/

契約期間に縛りなし!解約手数料もなし!

楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ
名称楽天モバイル
料金プラン(税込)・0~3GB :1,078円
・3GB~20GB:2,178円
・20GB以上 :3,278円
余ったデータの翌月くりこしなし
初期費用(事務手数料)0円
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線楽天回線

\アプリ利用で国内通話が24時間無料/

最低利用期間なし!解約手数料もなし!

楽天モバイルは、3GBまでは、1078円で、20GB以上使っても3,278円(税込)が上限となり、その後は無制限でデータ通信容量が使えます。さらに、Rakuten Linkアプリの利用で、国内・国際通話が無料になります。

eSIM対応で5G通信も可能です。また、楽天モバイルのオリジナルスマホ端末、Rakuten Hand 5Gが実質1円で購入できます。

なお、契約事務手数料、解約手数料、MNP転出手数料はすべて無料なので、安心して契約できるでしょう。

\アプリ利用で国内通話が24時間無料/

最低利用期間なし!解約手数料もなし!

まとめ

プライベートの時間に仕事の電話がかかってくると、それだけでもストレスを感じます。仕事とプラベートをうまくバランスをとってこそ、豊かな人生になるのです。

そこで、必要に応じて、スマホを2台持つことを検討しましょう。

また、一部の人からすると、スマホ2台持ちは何かと印象が良くない場合もありますので、なるべくなら、人前に見せることは避けた方が無難でしょう。

スマホを物理的に2台持つこと以外にも、デュアルSIM対応のスマホ端末であれば、1台で2つの電話番号を持てます。

さらに、どちらの携帯電話を使っているかを簡単に識別できるように、それぞれの携帯電話に異なる背景色を使用したり、異なるスマホケースを装着することもおすすめです。

ご自身の用途にあわせて、しっかりと検討してください。

>>2台目におすすめの格安SIM・スマホランキングはこちら

iPhoneとAndroidの2台持ちってどう?それぞれの違いを解説

  • この記事を書いた人

格安スマホぴったり会議 編集長

スマホはiPhone SE2を利用。今まで、ソフトバンク、au、BIGLOBEモバイル、UQモバイル、OCNモバイルの契約、MNP乗り換えを経験。家族からのスマホに関しての質問にも細かく答えている日々を過ごす。

-スマホ2台目