スマホ端末

バッテリー容量の多いスマホ携帯電話はどれ?使い方によっても電池の消費は早くなる?

スマホで、SNSや動画をよくするので、スマホの充電がするなくなってしまうとお困りは多くいらっしゃることでしょう。

「外出する前は100%近くだったのに、すぐにバッテリー容量の減りが早い」

「モバイルバッテリーを持ち歩くも、モバイルバッテリーへの充電も面倒」

だから、バッテリー容量の多いスマホがほしいという方に、本記事では、電池容量の多いスマホ機種と消費電力を減らすコツについてご紹介していきます。

スマホの電池容量の基本

スマートフォンのバッテリーは、「○○○○mAh」で表し、「ミリ・アンペア・アワー」と読みます。

mAhは電流(A、1A=1,000mA)×時間(h)の意味で数値が大きいほうが、長時間連続して利用できます。

スマホのおおよそは2,000mAhが平均です。

スマホ端末mAh
iPhone SE(第3世代)2,007mAh
iPhone 143,279 mAh
iPhone 14 Plus4,325 mAh
iPhone 14 Pro3,200 mAh
iPhone 14 Pro Max4,323 mAh

スマホの充電持ちは電池容量で決まる?

充電持ちの良いスマホを選ぶときに重要視されるのが「電池容量」ですが、実はスマホの充電持ちの良さを決めているのは「電池容量」だけではなく「消費電力」も大きく影響しているのです。

「電池容量」が大きければ大きいほどスマホの充電持ちは良くなりますが、一方で「消費電力」が多ければ多いほどスマホの充電持ちは悪くなってしまいます。

「電池容量」は各メーカーのカタログなどにも記載されており、「消費電力」は基本的にスマホの画面の大きさに比例して大きくなると考えましょう

つまり、充電持ちの良いスマホを選ぶのであれば、「電池容量」が大きく「消費電力」の少ないスマホを選ぶ必要があるのです。

電池容量の多いおすすめのスマホの機種は?

電池容量の多いおすすめのスマホの機種は下記の4つです。

  • AQUOS sense6
  • Redmi 9T
  • OPPO A54 5G
  • iPhone 14 Pro Max

それぞれの機種について詳しくみていきましょう。

AQUOS sense6

AQUOS sense6

「AQUOS sense6」の電池容量は4,570mAhとなっており、トップクラスに大容量とは言えない数値ですが、電力消費量がトップクラスに抑えられており、連続待ち受け時間が790時間と、ほかのスマホと比べてみても群を抜いているのです。

また、「AQUOS sense6」は楽天モバイルでも取り扱いがあり、価格帯も比較的安価ですのでぜひチェックしてみてください。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら

Redmi 9T

Redmi 9T

「Redmi 9T」は、6,000mAhとトップクラスの大容量バッテリーを搭載しており、連続待ち受け時間も約627時間と申し分のない充電持ちをしています。

また、「Redmi 9T」には1,000回繰り返して充電しても劣化しないバッテリーが使用されていますので、充電持ちの良いスマホをより長く使用したい方にはピッタリなのです。

価格帯も1万円台ですので、充電持ちを重視するのであればトップクラスのコストパフォーマンスを誇るスマホであることは間違いありません。

こちらのスマホ端末は、ワイモバイルで取り扱いがあります。

>>ワイモバイルの公式サイトはこちら

OPPO A54 5G

OPPO A54 5G

「OPPO A54 5G」は、5,000mAhのバッテリーを搭載し、連続待ち受け時間が約660時間となっています。

また、電池残量が少なくなった場合には「超省エネモード」を使用することで、電池残量が5%でも1.1時間もの間LINEなどのチャットを使用することもできますので、万が一のときにも安心です。

さらに「OPPO A54 5G」は5G通信や高性能カメラも搭載していますので、充電持ちのほかにも機能や通信面にもこだわりたいという方にもおすすめですよ。

こちらのスマホ端末は、UQモバイルで購入できます。

>>UQモバイルの公式サイトはこちら

iPhone 14 Pro Max

iPhone 14 Pro Max

「iPhone 14 Pro Max」は、2022年10月時点でもっとも高性能なiPhoneとなっており、バッテリー容量は4,323mAhとiPhoneシリーズの中で屈指の数値を誇っています。

また、「iPhone 14 Pro Max」は急速充電にも対応していますので、万が一のときにもすぐに充電することが可能です。

iPhoneシリーズでは、基本的に最新の機種ほどハイスペックになり、「pro」よりも「Pro Max」の方がハイスペックですので、充電持ちを重視するのであればよりハイスペックなiPhoneを選ぶことがおすすめですよ。

安い料金プランが選べて、iPhone14を購入したい場合には、楽天モバイルがおすすめです。

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら

スマホの電池の消費を抑えるコツ

スマホの電池消費を抑えるコツは下記の2つです。

・不要な通信を控える

・バックグラウンドでの消費電力を減らす

それぞれのコツについて詳しくみていきましょう。

なお、「スマホを長く使うコツ」もあわせてご覧ください。

1.不要な通信を控える

スマホでは、操作をしていないときにも様々な通信が行われています。

例えば、「Bluetooth」や「Wi-Fi」、「PCとの自動同期」などは、実際に繋いでいなくても接続できる端末などを探すために電力を消費するのです。

ですので、より充電持ちを良くするのであれば、不要なタイミングではこれらの機能をオフにすることでムダな消費電力を使用することなくスマホの充電持ちが良くなります。

2.バックグラウンドでの消費電力を減らす

スマホのアプリの中には、バックグラウンドで起動しているだけで電力を消費してしまうアプリも存在します。

スマホの設定から電池消費の多いアプリをチェックして、もしバックグラウンドでも消費電力が多いようであれば、都度アプリを終了させておくことで電池持ちも長くなるのでおすすめです。

まとめ

本記事では、電池容量の多いスマホ機種と消費電力を減らすコツについてご紹介していきました。

スマホを使用する上で電池が長持ちすることは非常に大切なポイントですので、ぜひ本記事を参考にして少しでも長時間使用できるスマホを選んでみてください。

-スマホ端末
-