格安SIM・格安スマホ

大容量の格安SIMでテザリングするならどれ?選び方とおすすめの格安SIMを紹介

広告

スマホのデータ通信の料金が高くて困った経験はありませんか?

また、外出先でWi-Fiが利用できないことはありませんか?

そのほか、「テザリングを活用したいけれど、データ容量が少なくなってしまっている」という経験はあるかもしれません。

このような問題を解決するために、大容量で低価格の格安SIMの活用をおすすめします。

ここで言う「大容量」とは、1ヶ月あたりのデータ容量が20GB以上のことを指します。

この記事では、そのような格安SIMの選び方、データの消費を抑える方法についても解説します。

お急ぎの方は大容量プランのある「おすすめの格安SIM」をご覧ください。

テザリングとは

テザリングとは

テザリングとは、スマートフォンやタブレットをWi-Fiルーターとして使用し、他のデバイス(ノートパソコンやゲーム機など)でインターネットに接続することを指します。

これにより、Wi-Fiが利用できない場所でも、あなたのスマートフォンからインターネットに接続することが可能になります。

大容量のデータ通信容量のメリット

大容量の格安SIMを利用すると、通信データ容量の残量を気にすることなく、自由にインターネットを楽しめます。

これは、大容量のデータプランを提供している格安SIMならではのメリットです。

  • 大量の通信ができ、動画視聴やオンラインゲームも思う存分できる
  • 大量にダウンロードできる

例えば、動画視聴やオンラインゲーム、テザリングといったデータを大量に消費するユーザーには、データ容量を気にするストレスから解放されるでしょう。

さらに、格安SIMは名前の通り、大手キャリアと比較して料金が安いのが特徴です。

そのため、大容量のデータを利用しながらも、月々の携帯電話の料金を抑えることが可能です。

大容量SIMとは、大量のデータ通信が可能なSIMカードのことを指します。

動画視聴、ゲーム、大量のダウンロードなど、データ消費が多い活動を頻繁に行うユーザーにとって、大容量SIMは必要不可欠です。

20GBでどれくらい使える?

(画質は、標準、中画質相当を基準)

サービス1日あたりで使える時間(30日換算)
YouTube (標準画質 480p)1時間36分
TikTok (画質設定不可)1時間12分
Amazon Prime Video (中画質)1時間6分
Netflix (中画質)56分
Hulu (中画質)18分
ABEMA (中画質)2時間12分

こちらの記事で詳しく解説!「20GBの容量で何ができる?動画・音楽・SNSのデータ消費量を紹介!

格安SIMの大容量プランの選び方

大容量SIMを選ぶ際には、以下の点を考慮することが重要です。

データ通信量

あなたが1ヶ月にどれくらいデータを使うか確認してください。

その量に合ったプランを選びましょう。

契約内容

契約の内容をよく確認してください。

データ容量の追加購入する時の料金、プランの変更のタイミングも確認しましょう。

接続できない時のサポート体制

何か問題が起きたときのことを考え、サポートの窓口が店舗なのか、電話だけなのかを確認してください。

大容量プランのある格安SIM

ここからは、テザリングに最適な大容量SIMをいくつか紹介します。

ahamo

ahamo(アハモ)のロゴ
通信回線NTTドコモ
大容量の料金プラン20GB:2,970円
データ容量超過後の速度最大1Mbps
通信制限なし
データ容量の追加購入80GB:1980円(大盛りオプション)1GB:550円
プラン変更
低速通信モード切り替えなし
余ったデータの自動繰り越しなし

\安心のドコモ回線/

契約期間に縛りなし!解約手数料もなし!

ahamoの海外ローミング

ahamoの海外ローミングサービスは、事前申し込みや追加料金なしで、毎月最大20GBのデータ通信が利用可能です。

利用可能なデータ量を超えると通信速度が制限されますが、追加購入で解除可能です。

ただし、海外での利用開始から15日後は通信速度が最大128kbpsに制限され、日本に帰国してデータ通信を行うまで解除されません。

\安心のドコモ回線/

契約期間に縛りなし!解約手数料もなし!

楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ
通信回線楽天回線
大容量の料金プラン20GB以上無制限:3,278円
データ容量超過後の速度
通信制限速度制御をする場合あり
(基準は非公開)
データ容量の追加購入
プラン変更
低速通信モード切り替え有り
余ったデータの自動繰り越し

\アプリ利用で国内通話が24時間無料/

最低利用期間なし!解約手数料もなし!

海外でもデータ通信ができる楽天モバイル

楽天モバイルでは、海外ローミングを利用する際に特別な手続きは不要で、毎月最大2GBの高速データ通信が無料で利用可能です。

これは、海外旅行や出張などでインターネット接続が必要な場合に非常に便利です。

さらに、RakutenLinkアプリを使用しているユーザー間であれば、国際通話料や国際SMS料も無料となります。

これにより、海外にいる友人や家族とのコミュニケーションがスムーズに行えます。

また、2GBの高速データ容量を超過した場合でも、最大128kbpsの速度でデータ通信を無制限に利用できます。

\アプリ利用で国内通話が24時間無料/

最低利用期間なし!解約手数料もなし!

IIJmio

IIJmio(アイアイジェイミオ)のロゴ

IIJmioのメリットは、データのくりこしやシェアが可能であることです。

また、キャンペーンなどによってスマホ端末が110円から購入できることもあります。

さらに、ドコモとauの回線が利用できるため、通信環境についても安心できます。

一方で、デメリットとしては、IIJmioは店舗がないため、直接店舗でのサポートを受けられず、電話のみのサポートになります。

通信回線・NTTドコモ
・au
大容量の料金プラン20GB:2,000円
データ容量超過後の速度300kbps
通信制限300kbpsの通信時で、直近3日間で366MBを超えた場合、通常の通信が不可
データ容量の追加購入1GB:220円
プラン変更月末の前日の23時59分まで、翌月のプラン変更可能
低速通信モード切り替え有り
余ったデータの自動繰り越し有り

\2GB 850円(税込)!eSIM対応!/

解約手数料は0円!余ったデータは繰り越し

mineo

mineo(マイネオ)のロゴ

mineoはユーザーの細かなニーズと捉えており、プランのカスタマイズの自由度が高いです。

また、乗り換えの際にSIMロック解除が不要なため、手続きが簡単であるという点も大きな利点です。

さらに、データが余った場合には翌月に繰り越すことが可能なので、データの無駄遣いを防ぐことができます。

一方、デメリットとしては、スマートフォン端末購入時の割引が少ないことが挙げられます。

これは、新しいスマートフォンを購入する際のコストを考慮する必要があるということを意味します。

また、速度制限時の通信速度が最大32Kbpsと比較的遅いため、大量のデータを高速でダウンロードしたいユーザーにとっては不便かもしれません。

通信回線・NTTドコモ
・au・ソフトバンク
大容量の料金プラン20GB:2,178円
データ容量超過後の速度200kbps
通信制限直近3日間で10GB以上使用で32kbpsに制限
データ容量の追加購入100MB:55円(1GB:550円)
プラン変更毎月25日まで
低速通信モード切り替え有り
余ったデータの自動繰り越し有り

\ドコモ、au、ソフトバンクに対応/

契約期間の縛り無しで解約手数料も無し!

もう一度、「おすすめの格安SIM」を見る

まとめ

スマートフォンのデータ通信料金やWi-Fiの利用制限に悩んでいる方々に、大容量の格安SIMが解決策となります。

通信データ容量が大容量の格安SIMなら、高画質動画の視聴や大量のダウンロードも楽々できます。

大容量SIMを選ぶ際には、データ通信量、契約内容、サポート体制を考慮することが重要です。

そして、イオンモバイル、IIJmio、mineo、楽天モバイル、ahamoなどがおすすめの大容量SIMとして紹介されています。

これらの情報を踏まえて、あなたに最適な大容量SIMを選んで、快適なスマートフォンライフを送りましょう。

  • この記事を書いた人

格安スマホぴったり会議 編集長

スマホはiPhone SE2を利用。今まで、ソフトバンク、au、BIGLOBEモバイル、UQモバイル、OCNモバイルの契約、MNP乗り換えを経験。家族からのスマホに関しての質問にも細かく答えている日々を過ごす。

-格安SIM・格安スマホ
-