西部ガスVS九州電力、電気ガス料金を徹底比較!あなたの家計を救うのはどっち?

九州電力と西部ガスは、どちらも電気サービスを提供しており、どちらがお得なのかと迷っている方もいらっしゃるでしょう。

2016年の電力自由化以降、九州エリアでの競争が激化しています。

この記事では、両社の電気料金を徹底的に比較し、どちらがよりお得な選択肢であるかを探ります。

目次

九州電力の電気料金の基本情報

九州電力は、 電力自由化以前から存在する「従量電灯B」が最も一般的なプラン。このプランは基本料金と電力量料金によって構成されています​​。

料金体系は、「基本料金」と「電力量料金」の2つから成り立っています。

「基本料金」とは、家庭で契約しているアンペア数に基づいて決まる固定費です。

「電力量料金」は実際に使った電力量に応じて計算される変動費です。

九州電力の場合、従量電灯Bプランが一般的ですが、2年契約を条件にしたスマートファミリープランにすると、年間777円割引となります。

九州電力のスマートファミリープランと従量電灯Bの比較

スクロールできます
区別スマートファミリープラン従量電灯B差額
単価単価
基本料金10A316.24円316.24円
15A474.36円474.36円
20A632.48円632.48円
30A948.72円948.72円
40A1264.96円1264.96円
50A1581.20円1581.20円
60A1897.44円1897.44円
1kWhあたりの単価
電力量料金~120kWh18.28円18.28円
121kWh~300kWh23.88円23.88円
301kWh~25.78円26.88円1.1円
年間割引年間777円割引
(月換算約64円)
無し
年間割引適用の条件2年契約

2年契約を条件に納得できる場合には、スマートファミリープランがお得と言えます。

スマートファミリープランを2年未満で解約する場合、すでに割引した差額が精算されます。

西部ガスの電気料金の基本情報

西部ガスの最も一般的なプランは「プラスでんきプラン1」。

このプランは九州電力の従量電灯Bに相当します。

九州電力と西部ガスの電気料金の比較

九州電力のスマートファミリープランと西部ガスのプラスでんきプラス1を比較した表は以下の通りです。

この比較でおいて、わかることは西部ガスのほうがわずかに安いということです。

スクロールできます
区別西部ガス九州電力
プラスでんきプラン1スマートファミリープラン差額
(率)
基本料金10A315.00円316.24円1.24円
(0.4%)
15A472.50円474.36円1.86円
(0.4%)
20A630.00円632.48円2.48円
(0.4%)
30A855.00円948.72円93.72円
(9.9%)
40A1070.00円1264.96円194.96円
(15.4%)
50A1310.00円1581.20円271.20円
(17.2%)
60A1482.00円1897.44円415.44円
(21.9%)
1kWhあたりの単価
電力量料金~120kWh18.28円18.28円0.0%
121kWh~300kWh23.88円23.88円0.0%
301kWh~25.78円25.78円0.0%

(※) 2年契約を条件にした、九州電力のスマートファミリープランは、年間777円割引(月換算約64円)。

西部ガスの「プラスでんきプラン1」と九州電力の「ファミリープラン」を比較すると、以下の通りです。

  • 基本料金は20A以下ではほぼ同じで、30A以上は、西部ガスがわずかに安い
  • プラスでんきプラン1の方が30Aで93.72円(9.9%)、40Aで194.96円(21.9%)の差がある
  • 電力量料金の1kWhあたりの料金は同じ
  • 九州電力のスマートファミリープランは年間777円の割引適用あり(2年契約条件)

以上から、契約アンペアが20A以下は大きな差はないが、30A以上と大きくなると西部ガスの方が割安感が大きいです。

ただし、九州電力のスマートファミリープランの年間割引を考慮すると、その差は小さくなります。

電気代を安くするには、料金の比較以外にも、日常的に電気を使う際の節約方法が重要です。あわせて「家電製品別の電気代を節約する方法!」もチェックしてください。

ガス料金は同一料金

ガスの料金は九州電力も西部ガスも同じです。

料金表 / 使用量基本料金従量料金(※)
15㎥未満913円234.07円
15~30㎥未満1,133円219.41円
30~100㎥未満1,562円205.11円
100㎥以上2,167円199.06円

(※)従量料金は2023年12月分

メインの戦いはセット契約に持ち込まれる

メインの戦いは、西部ガスと九州電力の間で展開されるセット契約の割引競争です。

両社はそれぞれ独自の割引プランとポイントサービスを提供し、消費者に魅力的な割引を提示しています。

西部ガスのセット契約での割引

西部ガスで、電気とガスを利用すると、割引が適用となり、ガス料金は3%お得(最大1,100円まで)になります。

また、ポイントサービスとして、「プラスでんきプラン」を契約すると、電気料金の支払いごとにポイントを付与。

200円ごとに1ポイントが提供され、7種類の提携ポイント(Tポイント、ポンタ、楽天ポイント、WAONポイント、JQカード、nimoca、dポイント)に交換可能です。

九州電力とENEOSでんきの料金比較」もあわせてご覧ください。

九州電力のセット契約での割引

九州電力には、「九電グループまとめてあんしん割」きゅうでんガス、九電グループのインターネット回線「BBIQ」、スマートフォン「QTモバイル」の契約に割引が適用されます。

夫婦2人の場合の以下のケースでは、毎月1,150円がお得になります。

電気契約が30アンペア、スマートファミリープランの場合

  • スマホ代 :
    QTモバイルの「データ+通話」コースを2回線利用で、1回線110円で2回線なら220円お得
  • インターネット代 :
    BBIQホームタイプをご利用で「BBIQつづけて割」にご加入の場合で毎月330円の割引
  • ガス代:
    23㎥/月、きゅうでんガスへ切替の場合で毎月600円の割引

ポイントサービスとしては、手続き不要で、「電気」と「ガス」のセット契約で、Qピコも貯まり、九州の特産品などが抽選で当たります。

あわせて「九電グループまとめてあんしん割の解説記事」もご覧ください。

QTモバイルとは?

QTモバイルのロゴ

QTモバイルは九州電力グループの格安SIM。

通信回線はドコモ、au、ソフトバンク回線から選べます。

今使っている携帯電話番号を変更せずに乗り換えができるのも魅力です。

名称QTモバイル(キュティーモバイル)
料金プラン(税込)
適用条件:九州電力+BBIQ会員
・2GB:880円
・4GB:1,210円
・6GB:1,430円
・10GB:1,650円
・20GB:1,870円
・30GB:2,970円
余ったデータの翌月くりこしあり
初期費用3,300円(税込)
SIMカード発行手数料375.1円(税込)
解約違約金0円
最低利用期間なし
MNP転出手数料無料
利用通信回線ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線

\年末年始キャンペーンで最大30,000円キャッシュバック!2024年1月31日まで/

30歳以下なら→20GBが880円!2024年5月31日まで

QTモバイルのサービス内容の詳細を解説した記事もご覧ください。

QTモバイルへ乗り換える前に知っておくべきこととは?メリットやデメリットも解説!

まとめ

九州電力の「スマートファミリープラン」と西部ガスの「プラスでんきプラン1」で電気料金を比較すると、20アンペア以下の基本料金では大きな差はありませんが、30アンペア以上になると西部ガスがより割安になります。

一方、九州電力のプランの電気料金は、2年契約を条件に年間777円の割引が得られます。

ガス料金は両社とも同じで、使用量に応じた従量料金が適用されます。

セット契約を比較すると、西部ガスでは、電気とガスのセット契約でガス料金が最大1,100円まで3%割引になり、電気料金の支払いにポイントサービスもあります。

それに対して、九州電力では電気契約者に、きゅうでんガス、BBIQ、QTモバイルの割引が適用され、例えば夫婦2人の場合には毎月1,150円お得になる可能性があります。

アンペア数や契約年数、セット割引の有無によって、どちらのサービスがお得か異なります。

総合的に見ると、電気とガスセットなら、西部ガスがおすすめ。一方で、電気、ガスに加え、インターネット回線やスマホを利用するのであれば、九州電力がおすすめとなります。

九州電力の料金プランの違いを解説した記事」もあわせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次