格安SIM・格安スマホ

Visaデビットで契約できる格安SIMはどれ?!進化するサービス内容や特典も紹介

格安SIMを契約するときに気になるのが、支払い方法です。

一般的に、格安SIMの支払い方法はクレジットカードのみですが、一部でデビットカードの支払いができる格安SIMもあります。

その中でも、人気のデビットカードが「Visaデビット」です。

この記事では、クレジットカードなしで、Visaデビットで契約できる格安SIMをまとめて紹介します。

また、最新の料金やサービス内容や特典も紹介します。

多くの格安SIMでクレジットカードが必要である理由

多くの格安SIMでは実店舗、ショップを構えずにネット完結での契約をメインとしています。

そして、毎月の料金支払いをクレジットカードに限定している会社が多いです。

なぜなら、クレジットカードに限定することで、料金滞納のリスクを軽減でき、身分証明の担保とすることもできるからです(身分がしっかりとしていない人はクレジットカードが発行できないため)。

そのため、格安SIMではクレジットカード払いのみ対応していることが多く、デビットカードに対応している格安SIMは限定的になっているわけです。

デビットカードに対応している格安SIMと契約する時の注意点

デビットカードに対応している格安SIMでも、すべてのデビットカードが使えるわけでなく、その中でも指定されたデビットカードのみに対応している場合があります。

楽天モバイルでは、デビットカードでの支払いができる、としていますが、実際には「楽天銀行デビットカード」のみです。

そして、デビットカードの中でも比較的、契約できる格安SIMが多いのが、Visaデビットです。

Visaデビットとは?

Visaデビットとは、国際的な決済ブランド「Visa」が提供するより安全、便利、かつ効率的に商品やサービスの代金を支払えるデビットカードです。

Visaデビットでは、事前に設定した銀行口座から即時に、支払いが行われます。

従来のクレジットカードでは、その都度ではなく、まとめて、翌月に後払いするため、支払いの料金が思っていたよりも高額になっていたということがありますが、その点、Visaデビットでは、その都度、支払えるため、銀行口座に入っているお金以上に支払うことは無いため、その分、使いすぎ防止にもなります。

一方で常に注意しなければならないことは、銀行口座の残高です。Visaデビットを使う際には、常に十分な銀行残高になっていることが重要です。銀行残高が不足しているとVisaデビットで支払いができません。

なお、通常、年会費や発行手数料は無料。申し込みの際の審査は不要です。

また、カードによっては利用金額に応じてキャッシュバックされるものもあります。

Apple Payに関しては、対応しているカード、対応していないカードなど、さまざまですので、事前に確認しておきましょう。

主なVisaデビットカード

都市銀行など

  • 三菱UFJ銀行:三菱UFJ-VISAデビット 
  • 三井住友銀行:SMBCデビット
  • りそな銀行:りそなデビットカード
  • 埼玉りそな銀行:りそなデビットカード
  • ゆうちょ銀行:ゆうちょデビット

ネット銀行など

  • PayPay銀行:PayPay銀行のVisaデビットカード
  • 住信SBIネット銀行:住信SBIネット銀行のVisaデビットカード
  • イオン銀行:イオンデビットカード
  • ソニー銀行:Sony Bank WALLET
  • 楽天銀行:楽天銀行デビットカード(Visa)
  • GMOあおぞらネット銀行:GMOあおぞらネット銀行のVisaデビットカード
  • あおぞら銀行:あおぞら銀行のVisaデビットカード

地方銀行など

  • 千葉銀行:TSUBASAちばぎんVisaデビットカード
  • スルガ銀行:スルガ銀行のVisaデビットカード
  • 中京銀行:中京Visaデビット
  • 関西みらい銀行:りそなデビットカード(Visa)
  • 西日本シティ銀行:NCBデビット-Visa
  • 広島銀行:HIROGIN Debit

なお、みずほ銀行はVisaデビットを発行しておらず、JCBブランドの「みずほJCBデビット」を発行しています。

Visaデビットで毎月の料金を支払える格安SIM

ここからは、Visaデビットで支払えるおすすめの格安SIMを紹介します。

LINEMO 

LINEMO(ラインモ)のロゴ
>>LINEMOの公式サイトはこちら
名称LINEMO(ラインモ)
料金プラン(税込)・ミニプラン 3GB: 990円
・スマホプラン 20GB:2,728円
初期費用(事務契約手数料)0円
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ソフトバンク回線
キャンペーンミニプラン基本料 最大6カ月 実質無料キャンペーン
990円相当 X 6カ月でPayPayポイントをプレゼント
期間:2022/5/20(金) ~ 終了日未定

PayPayポイントあげちゃうキャンペーン
PayPayポイントをプレゼント
他社から乗り換え(MNP):10,000円相当
新規契約:3,000円相当
期間:2021/6/5(土) ~ 終了日未定

キャンペーンの詳細は公式サイトで確認!
>>LINEMOの公式サイトはこちら

ソフトバンクのサブブランドとして運営されているLINEMO(ラインモ)では「Visa、Mastercard、JCBのマークがついているデビットカードの利用が可能」としており、Visaデビットカードでも支払いができます。

ただし、銀行キャッシュカードを利用する「J-Debit」は利用できません。

LINEMOの特長は、まずその安さです。ミニプラン 3Gなら 基本料金は、990円。スマホプラン (20GB)なら 2,728円(税込) です。

また、LINEギガフリー「LINEのトークも通話も、データ通信量を気にせず使い放題できる」特典が利用できます。

さらにスマホプラン(月額2,728円)なら、1,000万種類以上のLINEスタンプが使い放題になる「LINEスタンプ プレミアム for LINEMO」も利用できます。

また、eSIM(イーシム)対応なので、対象の機種(iPhone の場合は、XR 以降)なら、SIMカードが不要、つまりSIMカードの郵送がなく、即日ですぐにLINEMO回線を利用できます。

最初の契約事務手数料は0円で、最低利用期間は無しです。もしもすぐ解約しても、契約解除料もMNP転出手数料0円です。

ワイモバイル 

ワイモバイルのロゴ
>>ワイモバイルの公式サイトはこちら
名称ワイモバイル
料金プラン(税込)・シンプルS 3GB :2,178円
・シンプルM 15GB:3,278円
・シンプルL 25GB :4,158円
初期費用(事務手数料)0円(※)
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ソフトバンク回線
キャンペーン・オンラインストアでSIMカード/eSIMご契約でPayPayポイントプレゼント
PayPayポイント最大11,000円相当プレゼント(条件あり)
期間:~2023年3月31日9:59まで

・データ増量無料キャンペーン2
初めて「データ増量オプション」申し込みで月額料(550円/月)が1年間無料
シンプルS 3GB + 2GB=合計5GB
シンプルM 15GB + 5GB=合計20GB
シンプルL 25GB + 5GB=合計30GB
期間:~終了日未定

キャンペーンの詳細は公式サイトで確認!
>>ワイモバイルの公式サイトはこちら

(※)オンラインストアで手続きをする場合は事務手数料が0円。店舗での契約は3,300円(税込)かかります。

なお、家族で入ると2回線目以降、各料金プランから1,188円が割引されますので、1回線目の料金はそのままですが、2回線目以降はシンプルSが990円、シンプルMは2,090円、シンプルLは2,970円になります。

現在、キャンペーン中で、増量オプション(通常は月額550円(税込))に加入した場合、1年間無料でシンプルSの3GB→5GB、シンプルMの15GB→20GB、シンプルLの25GB→30GBになります。

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして、安定した通信をより低価格で提供しています。2021年から5G通信に対応し、さらに高速通信が可能です。

全国の実店舗・ショップで対面サポートが受けられることも魅力です。そのほか、電話、チャット、メールからも問い合わせができます。

ワイモバイルの最大の特長は、Yahoo!プレミアムが無料で利用できる特典です。これがあれば、マンガ読み放題サービスやPayPayでお得に買物ができます。

ahamo 

ahamo(アハモ)のロゴ
>>ahamoの公式サイトはこちら
名称ahamo(アハモ)
料金プラン(税込)・ahamo 20GB:2,970円
・ahamo 大盛り 100GB:4,950円
初期費用(事務手数料)0円
SIMカード発行手数料0円
解約手数料0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線ドコモ回線

NTTドコモが2021年3月にスタートした、オンライン専用新プラン「ahamo」。

20GBで月額料金2,970円が基本の料金。また、大容量プランである100GB 4,950円の「ahamo大容量オプション」もあります。これでテザリングも利用できるので、自宅にインターネット回線がない方はあわせて検討してみるとよいでしょう。

また、海外82か国で20GBの月間データ通信容量のインターネット通信が追加料金なしで利用可能です。

UQモバイル 

UQモバイルのロゴ
>>UQモバイルの公式サイトはこちら
名称UQモバイル
料金プラン(税込)・くりこしプランS 3GB:
1,628円
・くりこしプランM 15GB:
2,728円
・くりこしプランL 25GB:
3,828円
初期費用(事務手数料)3,300円(税込)
SIMカード発行手数料0円
解約違約金0円
最低利用期間無し
MNP転出手数料0円
利用通信回線au回線
キャンペーン最大13,000円相当 au Pay残高還元 (他社から乗り換えMNP)
乗り換えMNP、eSIM利用、増量オプションⅡに加入のすべての条件を満たす
期間:~終了日未定

最大5,000円相当 au PAY 残高還元 (新規契約)
指定の機種、新規契約のすべての条件を満たす
期間:~終了日未定

キャンペーンの詳細は公式サイトで確認!
>>UQモバイルの公式サイトはこちら

auと同等の通信回線が利用できるUQモバイル。

全国にショップもあるので、対面サポートも受けられるため、初心者の人も安心して利用できるでしょう。

余ったデータ通信容量は翌月に自動繰り越しされます。

また、消費するデータを抑えるために通信速度を落として利用できる「節約モード」もUQモバイルの魅力となっています。

Visaデビットで支払えない格安SIM

Visaデビットの支払いができない主な格安SIMは以下の通りです。

  • 楽天モバイル(楽天銀行デビットカードのみ)
  • イオンモバイル
  • IIJmio(アイアイジェイ ミオ)
  • BIGLOBEモバイル
  • Y.U-mobile(ワイユーモバイル)
  • 日本通信
  • BIC SIM
  • リブモ

デビットカードで支払えない格安SIMが多い理由

デビットカードは、自分の銀行口座の残高から直接資金を引き出すため、サービスを提供する会社側からすると、口座の残高が不足した場合、お金が支払われないリスクが高くなります。

その結果、格安SIM会社にとっては支払いが遅れる可能性があり、契約者への連絡や請求にかかる事務コストも増えます。

一方で、クレジットカードは支払いが保証されているため、格安SIM会社にとって望ましい決済方法になります。

そのため、多くの格安SIMでは、デビットカードでは支払えず、クレジットカードの支払いのみとなるケースが一般的になっています。

まとめ

Visaデビットは便利で、安全性の高い決済方法です。

この記事では、Visaデビットの決済に対応したおすすめのSIM会社であるLINEMO、ワイモバイル、ahamo、UQモバイルの4社を紹介しました。どれも従来の携帯電話会社よりも毎月の料金を節約できるでしょう。

初心者の方にとって格安SIMは不安かもしれませんが、今回紹介した格安SIMは、そんな時に手厚いサポートを受けることも可能です。

格安SIMを利用することで、お得な料金で利用できるだけでなく、信頼性が高く、コストパフォーマンスの高いスマホライフを実現できるでしょう。

>>2022年最新のおすすめ格安SIM・スマホの比較はこちら
  • この記事を書いた人

格安スマホぴったり会議 編集長

スマホはiPhone SE2を利用。今まで、ソフトバンク、au、BIGLOBEモバイル、UQモバイル、OCNモバイルの契約、MNP乗り換えを経験。家族からのスマホに関しての質問にも細かく答えている日々を過ごす。

-格安SIM・格安スマホ
-